2012年末に現役を引退した、ゴジラこと松井秀喜さんに第1子となる長男が誕生していたことがわかりました。母子ともに健康で既に退院済みとのこと。

 やはり、松井さんと同じように野球選手を目指すのでしょうか。松井さんのDNAを引き継いだ息子です、野球ではなくても、何か秀でた力を持っていることでしょう。

 そんな松井さんですが、子供の頃に父親としたある約束を、今でも大切に守っているそうです。

 それは、「人の悪口を言わないこと」。書籍『逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方』のなかで、「野球選手になろうと決めてからは一度もありません」と明かしています。

 約束のきっかけはこう。中学二年生の時、夕食時に松井さんが友人の悪口を言ったそうです。すると松井さんの父が、「人の悪口を言うような下品なことをするんじゃない。今、ここで二度と人の悪口を言わないと約束しなさいと」と、松井さんに教育したのです。それ以降、松井さんは悪口を口にすることをやめました。

 野球選手だったころは、調子の良い時も悪い時もあったはず。調子を崩している時には、外野が勝手なことを松井さんに言います。そんな時は、一言でも言い返してやりたいとも思ったでしょう。しかし、松井さんは、父との約束を思いだし、人前で悪口を言うことはありませんでした。

 松井さんがファンの気持ちをしっかり掴んだのは、野球での素晴らしい活躍だけでなく、記者会見などで見せた誠実で謙虚な姿でした。自分をコントロールできる人間力こそが、松井さんの魅力だったのではないでしょうか。

 これからは松井さんが父親となります。今度は、息子と同じ「約束」をするのでしょうか。「父・松井」としての今後も気になるところですね。



『逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方』
 著者:伊集院 静
 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
名監督は奇人か?「度を越した」常人か?
人気アニメが電子コミック化! 『かよえ!チュー学』イベントレポート
星野源は、よく携帯電話の料金を払い忘れる?


■配信元
WEB本の雑誌