元恋人の名前をググったことある?




ネット検索や、FacebookなどのSNSが普及した現代社会。名前で検索をかけるだけで、昔の恋人の現状が分かってしまうことも。実際に、元恋人の名前を「ググった」経験がある人はどれくらいいるのか、実態を調査しました。

調査期間:2012/11/28〜2012/12/10

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 905件(ウェブログイン式)



Q.FacebookなどのSNSサイトや、ネット上で元恋人の名前を検索したことがありますか?

ある……181人(20%)

ない……724人(80%)

検索した経験のある人は、全体の20%。意外に少ない? という印象もあります。

実際に検索したことのある方に、その結果を聞いてみました。

■「同姓同名が多すぎて、本人を探し当てられなかった!」(30歳/男性)

■「淡い期待を抱いて相手を検索しましたが、なんせ50代。SNSを使う世代ではなかったらしく、誰もいませんでした……」(56歳/男性)

元恋人はおろか、友人がまだ誰も使っていなかったという切ない報告も。

■「とりあえず生きていることが分かり、安心した」(31歳/男性)

長い間、音信不通だったのでしょうか。他にも、「(自分が先に結婚していて)相手も結婚したと知り、ほっとした」(32歳/女性)など、現状を知って安心したという人は多いようです。

■「付き合っていた当時よりむさくるしくなっていた。今の彼氏のほうが格好いいのでほっとした」(26歳/女性)

こちらは、逆の意味でほっとしたというケース。

■「怪しいビジネスを展開していて、Facebook上での友人が5,000人いた。思い出のままにしておけばよかったと後悔」(34歳/女性)

友達申請をしたら間違いなく勧誘されそうです……!

更に踏み込んで、連絡を取ったことがある人はどれくらいいるのか聞いてみました。

Q.検索したことがきっかけで、元恋人とまた連絡を取るようになったことはありますか?

ある……27人(検索したことのある人のうち約15%)

■「復縁しました」(33歳/女性)

回答中、復縁したという方はこの女性たった一人でした! SNS復縁のテクニックなどを紹介する記事も出回っていますが、実際に復縁するケースはまだ珍しいのかもしれません。

■「一度だけお茶して、昔の話をしました。楽しかったけれど、復縁には至らず」(26歳/女性)

楽しい思い出は、またそっと思い出の箱の中に……

■「SNS上でメッセージのやりとりをしていたら、今の彼氏に見られてしまい浮気疑惑で大変なことに」(29歳/女性)

浮気騒動や喧嘩の火種になりうるだけに、連絡を取るかは慎重に判断したいところですね。

■「見るだけのつもりが、スマートフォンのタッチで間違えて友達申請を送ってしまっていた。拒否された上にブロックされて凹んだ」(31歳/男性)

タッチの誤操作の他にも、「足あと」機能などによってこっそり見ているのがバレてしまい、ストーカー扱いされるなんてことも。

良い再会に繋がることもあれば、トラブルに発展してしまうというケースもある元恋人の検索。リスクを考えてか、「検索しても連絡は取らない」という人が多数でした。気になる元恋人の現在、あなたは検索してみる派ですか? それとも思い出のままそっとしておく派ですか? 

(のでこ+プレスラボ)