新日鐵住金、君津高炉1基を2015年度末に休止--和歌山の新高炉稼働も延期

写真拡大

新日鐵住金は13日、2013年度から3年間の中期経営計画を発表した。

君津製鉄所(千葉県・君津市)の高炉1基を2015年度末までに休止するなどして、生産体制の効率化を図る。

鹿島製鉄所(茨城県・鹿嶋市)、和歌山製鉄所(和歌山県・和歌山市)、名古屋製鉄所(愛知県・東海市)などの薄板冷延めっきラインも休止するほか、3月中に予定していた和歌山製鉄所での新高炉の稼働についても当面延期する。

併せて、海外事業の収益拡大・戦力化を実施。

世界的な鉄鋼需要の伸長に対応し、「自動車向け等高級鋼」「資源エネルギー」「鉄道・建築土木等のインフラ関連」の3分野について、海外製造・加工拠点などのサプライチェーンの拡充に取り組む。

これにより、薄板・鋼管・建材・棒線・交通産機といった幅広い品種を、グローバルに供給できる体制を構築するという。

また、製鉄事業グループ会社についても統合・再編を進める。

3年間程度を目途に年間2,000億円以上の統合効果の実現を目指し、設備投資については戦略投入枠として年間1,000億円程度を念頭に置く。

今回発表した施策により、ROS5%程度を最低目標とし、さらに10%を達成できる企業体質を実現するとしている。