わき腹の肉を引き締めてウエストダウン! - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。

前回はウエスト周りを引き締めるストレッチを紹介しましたが、わき腹も一緒に筋トレすれば、より引き締め効果を実感できます。

そこで今回は、わき腹の筋トレを紹介します。

Step1:両手に500mlのペットボトルを持ち、足を肩幅に開いて立ちますStep2:ゆっくりと息を吐きながら上半身を右側にひねりますStep3:息を吸いながら身体を正面に戻し、息を吐きながら上半身を左側にひねりますStep4:左右交互に行いますダンベルや水の入ったペットボトルなどを持つと、重りに引っ張られるように身体をふってしまいがちです。

ゆっくり、ゆっくりと1回1回意識しながら10回程度から始めると、筋肉に効いているのを感じやすいでしょう。

上半身をひねる際に身体が前や後ろに倒れないよう、腹筋に力を入れるとなおいいです。

トレーニングに最適な時間は帰宅後の夕食前です。

食事をとった後に運動をしたら、横腹が痛くなったという経験はありませんか? 食後すぐの運動や筋トレは、胃腸に負担をかけてしまいます。

帰宅後におなかを減らす運動と思いながらやると、空腹感がでて食事もふだんよりおいしく感じるかもしれませんね。

筋トレを毎日やっていると次第に慣れていき、無意識のうちにテンポが速くなりがちです。

そうなると、1回ずつの動作時間が短くなってしまうため、同じ数をこなしていても筋トレになっていないことがあります。

「効いている感じがしない」と思ったら、一度初心に返り、呼吸法やテンポに気をつけてみてください。

おなか周りは太ったと最初に気づく部分ですが、引き締まったことが分かりやすい部分でもあります。

現時点のサイズを測って目標を決めると、モチベーションアップにつながりますよ!