大学4年生・大学院2年生に聞きました。面接、どのくらい通過するもの?

写真拡大

学生×シゴト総研 Vol.183

面接、どのくらい通過するもの?先輩894人の回答は?


■何社の面接を受けましたか?

就活を経験した先輩たちに、面接を受けた会社の数を尋ねたところ、一番多かったのが「1〜5社」で約3割。次いで「11〜20社」が2割強、「6〜10社」が約2割で続いた。平均の社数は13.8社で、昨年同時期の調査「15.5社」よりも減っていることがわかった。

属性別には、大学院生よりも学部生、理系学生よりも文系学生の方が、面接を受けた会社の数が若干多い傾向が見られた。


■そのうち、内定をもらったのは何社ですか?

次に、面接を受けた会社のうち、内定をもらった会社の数を尋ねたところ、一番多かった答えは「1社」で全体の約半数。次いで「2社」という先輩も全体の約2割に上った。平均の社数は1.51社となった。

属性別では、女子学生よりも男子学生の方が平均通過社数が多い傾向が見られた。また、「面接通過率」として、面接社数に対する内定社数の割合を計算したところ、平均は24.4%に。属性別では、学部生よりも大学院生、文系学生よりも理系学生の方が面接通過率が高い傾向が見られた。