東北のこけし人たちに聞いた、こけしブームは「COOL JAPAN」で「Kawaii」?

写真拡大

「こけし女子」という言葉をご存知だろうか? 東京など大都市でこけしイベントが開かれると、会場は女性で埋め尽くされ、「Kawaii!!」の声が飛び交うとか。

素朴なかわいさが、ストレスだらけの都会の女性の心をほっこりさせているようだが、そんな都会のこけしブームは、こけしの産地・東北にどんな影響をもたらしたのだろう?ところで、「こけし女子」という言葉を耳にしたことはあるものの、実際に「私の周りにもこけし女子がいるわ!」という人は少ないかもしれない。

なぜなら、こけし女子の愛はひたすらこけしに向けられているのだから。

特に、量産された「お土産こけし」ではなく、職人が手作りする「伝統こけし」に対しては愛情も倍増する。

伝統こけしは一体一体微妙に表情も違い、また、職人が丁寧に心を込めて作っているため、とても優しい顔立ちをしているのだ。

その穏やかな空気に癒やされ、すっかりこけしのトリコになった女子たちは、各地で開催中のこけしイベントにも足繁(しげ)く通いつめて情報交換を行う。

例えば2012年3月には、渋谷パルコにて「kokeshi pop ポップでかわいいこけしの世界」なるイベントが開かれ、「こけしの絵付けワークショップ」などの企画が催され大いに賑(にぎ)わった。

また、伝統こけしとマトリョーシカの専門店「KOKE-SHKA」が2011年に創刊した雑誌、「こけし時代」も売れ行き好調だ。

こけしの故郷である東北地方の“こけしのある生活”は、東北以外の土地に暮らす人たちには想像できないほどに濃密なのだ。

青森県黒石市にある「津軽こけし館」の山田拓郎さんは語る。

「私の生まれ育った家には100体以上のこけしがありました。

津軽でこけしのない家なんて一軒もないんじゃないですか。

だって、こけしがあるのが当たり前のことなんですから」。

こけしは、もともと工人(木地師)と呼ばれる東北の木工職人が木製品を作る傍ら、端材で作っていた子供たちのおもちゃ。

工人は冬場になると近隣の温泉に湯治に出かけていたのだが、そのついでに農村から来た湯治客に、このおもちゃをお土産品として販売したことで、東北一帯に広がった。

「こけしの産地の近くには必ず温泉があります」(山田さん)とのこと。

江戸時代末期、山里の温泉地に誕生したこけしは、瞬く間に東北の一般家庭に浸透していった。

仙台市には、こけしの誕生から間もない明治25年(1892)創業の老舗こけし店「こけしのしまぬき」がある。

現社長の島貫昭彦さんが、東北のこけしにまつわる風習を紹介してくれた。

「こけしは、東北ではポピュラーな贈答品なんです。

新築のお祝いとしてこけしを贈る風習がありますし、いろいろな賞の受賞記念や会社の退職記念の品としてこけしが贈られたりしています」。

また、福島県作並市の小学校では、かれこれ15年以上も卒業記念に名前入りのこけしが贈られている。

弥治郎こけしで名高い宮城県白石市や山形市には、「こけし神社」との別名を持つ神社まである。

さすが、こけしの故郷・東北である。

そんなこけしの故郷・東北のこけし人たちの目に、都会のこけしブームはどんな風に映っているのだろうか。

まずは、津軽こけし館の山田さんの弁。

「有り難いことです。

うちは、これまでは温泉に来たついでに立ち寄ってくださるお客さんがほとんどだったんですが、今はこけし目当てでわざわざ来館する若い女性が増えました」。

また、津軽こけし館では通信販売の注文も激増したという。

「5、6年前にはわずか2、3件だった月間注文数が、今では60件を下らないんです。

若い女性たちがブログやTwitterなどでこけし情報を交換しあっていて、私どもこけし館のイベント情報もあっという間に伝わっていきますね」(山田さん)。