はごろも、「シーチキン」を最大6.1%値上げ--計16商品、円安でコスト上昇

写真拡大

はごろもフーズは13日、主力ブランド「シーチキン」の缶詰16商品について、5月1日出荷分から約2.2〜6.1%値上げすると発表した。

主原料であるカツオやビンナガマグロなどの価格が高値で推移ししているほか、急激な円安によりコストが上昇したことなどから、値上げに踏み切ったとしている。

値上げ対象商品は、「素材そのままシーチキンファンシー」205円(価格は税抜、現行195円)、「シーチキンファンシー 175g」365円(同350円)、「シーチキンファンシー 80g」240円(同230円)、「シーチキンフレーク 165g」345円(同330円)、「シーチキンフレーク 80g」220円(同210円)、「シーチキンとろ」460円(同450円)、「シーチキン炙りとろ」460円(同450円)、「シーチキンL 165g」345円(同330円)、「シーチキンL 80g」200円(190円)、「シーチキンL フレーク」345円(同330円)、「シーチキンマイルド」300円(同285円)、「(シーチキンマイルド(キャノーラ)」175円(同165円)、「シーチキンアスリート」190円(同180円)、「シーチキンアスリート カルシウム」190円(同180円)、「シーチキンアスリート コラーゲン」190円(同180円)、「キムチ鍋専用シーチキン辛」260円(同245円)。

また、6月1日出荷分より、小型缶詰2商品「素材そのままシーチキンLフレーク」「素材そのままシーチキンマイルド」の容量を80gから75gに、パック2商品「シーチキンLフレーク」「シーチキンマイルド」の容量を80gから70gに減量する。

併せて、役員賞与・報酬ならびに従業員賞与・給与の一部削減を発表。

2013年3月期分の役員賞与をゼロにするほか、同4月より役員報酬を15%〜30%削減。

従業員賞与・給与についても、同4月より1年間にわたって5%〜10%削減する。

これらの措置により、約8億円の収益改善を見込んでいる。