お花見カラオケで何を歌う? ウケる曲としらける曲TOP5

写真拡大

サン・ホームエンターテインメントが展開する「スマカラ」は、2月27日に「お花見のカラオケで”ウケる曲”と”しらける曲”」について調査を実施した。

調査対象者は全国の20歳〜35歳までの男女500人。

お花見のカラオケでウケる曲1位となったのは、ケツメイシの「さくら」。

その理由として「桜に関する曲の定番だから」「みんな知っているから」「アップテンポで盛り上がりそう」などといった声が多かった。

2位は森山直太郎さんの「さくら(独唱)」、3位はAKB48の「ヘビーローテーション」だった。

その他、みんなで盛り上がれる曲や桜にちなんだ曲がランクインしている。

一方、場がしらけてしまう曲1位に選ばれたのは、森山直太郎さんの「さくら(独唱)」。

「あまりみんなで盛り上がる曲ではない」「しんみりしてしまいそう」といった理由が多かった。

しかし、この曲はウケる曲の2位にもランクインしており、「桜の歌と言えばこの曲」と支持する声も高い。

その他は「雪」というワードが入っていたり、雰囲気が重い曲が挙げられた。

ウケる曲の6位〜10位は、スマカラ商品サイト内でも公開している。