ロッテ「スペアミント」ほか懐かしのガム3種が歯につきにくくなって登場!

写真拡大

ロッテは復活の要望が多かった懐かしいガム3種を、歯につきにくい粒ガムとして4月2日から発売する。

販売するのは、「歯につきにくいスペアミントガム」 「歯につきにくいアセロラガム」 「歯につきにくいジューシー&フレッシュガム」の3種。

同社独自の技術で開発した歯につきにくいガムベースを使用しているため、義歯の人でも安心して噛(か)むことができる(個人差がある)。

「歯につきにくいスペアミントガム」は、1954年に発売したスペアミントのさわやかな風味が特徴。

「歯につきにくいアセロラガム」(1989年発売)は、真っ赤なアセロラをイメージしている。

「歯につきにくいジューシー&フレッシュガム」は、ミックスフルーツ味のガムで1963年に発売。

いずれも懐かしい味わいで、ターゲットは50〜60代を想定している。

同商品は14粒入り。

価格はオープン(想定小売価格は120円前後)。