アレックス社長 辻野晃一郎氏

写真拡大

年齢や職場でのポジションが変われば、学び方も変わる。自身でキャリアを切り拓いてきた3人に、行動につながる学習の秘訣を聞く。

■未経験の仕事で成果を残す

【辻野晃一郎】私はソニーに計22年間在籍していたので、社会人人生の大半を過ごしたことになるが、収益が安定した事業を守るといった立場にいたことがない。不採算事業の立て直しや、新規事業の立ち上げなどにいつも駆り出され、常時戦場という意識だった。

一番面食らったのはVAIOのデスクトップパソコンの事業責任者になったときだ。それまで、私はずっと開発畑を歩み、事業部経験はおろか、ビジネスに携わったこともなかった。おまけに部品の標準化が進んでいたデスクトップパソコンは商品としての発展性がなく、「世界で最もつまらなくて儲からない」といわれていた。

しかし当時はインターネットが普及し始めた時期で、パソコンが世の中を大きく変えていくのは確実だと思った。インターネットの入り口であるパソコン事業をソニーが手がけるのは必然であり、「やれ」といわれたのも何かの運命かもしれないと思い、引き受けることにした。

ところが製造も営業もわからない。そこで私が取ったのは極めて原始的な方法だった。

まず、工場にお願いして製造ラインに丸1日入れてもらった。本社の事業部長が工場でパソコンを組み立てるというのは前代未聞で、工場側も肝をつぶしていたが、工員の方々に教えてもらいながら製造のイロハを理解できた。

同様に、営業の現場を理解するために日本全国にあった12カ所の営業拠点を訪問した。すべて回るのには1年半かかったが、夜の宴会なども通じて、土地ごとの営業担当者や量販店のバイヤーとも顔見知りになることができ、国内営業のポイントがよく理解できた。

40代になると腰が重くなりがちだが、人に聞いたり、本や雑誌を通じて情報収集したりするだけではなく、時には体当たりで知識を吸収することだ。幸いVAIOのデスクトップ事業は私が担当した2年後に黒字化し、破格の高利益率も達成することができた。

■夢を実現する

何かを一心に勉強すると夢や希望が叶うと思っている人が多いが、大間違いである。叶えたい夢があってその実現に向かって進んでいくと、勉強せざるをえなくなる。順番を間違えてはいけない。

私はグーグルを辞めた後、10年10月にネットを使って日本の資産をグローバルに売り込んでいく会社を立ち上げた。メンバーはいま10名で、自分にとっては第二の家族のような存在。皆いきいきと働いている。

この会社を世界的にも有名な企業にするのが夢だ。なにせスタートアップなので、何か問題が起きれば自分たちで解決するしかない。専門家の意見も大切にしている。日々頭と体でスピーディに学んでいかないと組織がつぶれてしまうという危機感がある。

最近、私が2010年に書いた本(『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』)を読んだといって、若者がよく会社に遊びに来る。先日も、「将来シリコンバレーで起業したい」という息子の友人が遊びに来た。夏休みに現地に行くというから、シリコンバレーの知り合いを何人か紹介して、グーグル本社のツアーもアレンジした。彼の現地訪問を実り豊かなものにする一助になればと思った。もちろん、そのためには彼も英語をブラッシュアップしたりグーグルについても調べたりしなければならない。

夢に向かって行動する人に対しては、「何か力になってあげたい」と思うのが人情だ。行動の暁に得られる特典をより豊かなものにするためにも、勉強が必要になる。

俳優のクリント・イーストウッドが、あるときテレビでこういっていた。「年を取るということはよりよい人間になることだ」と。そのために必要なのが日々進化し続けること、つまり、夢を叶えるために学び続けることだと思う。

※すべて雑誌掲載当時

----------

アレックス社長 辻野晃一郎
1957年、福岡県生まれ。慶應義塾大学大学院工学研究科修了後、ソニーに入社。カリフォルニア工科大学大学院電気工学科修了。グーグル日本法人社長を経て、2010年10月にアレックスを創業。著書は『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』。

----------

(荻野進介=構成 向井 渉=撮影)