あなたの家計簿見せて! ”給料減少時代”の家計診断 (12) 24歳のOL、実家暮らしで月収18万円。5年以内の結婚を希望、やるべき事は?

写真拡大

連載コラム『あなたの家計簿見せて! ”給料減少時代”の家計診断』では、相談者のプロフィールと実際の家計簿をもとに、5人のFPが順番に、相談者の家計に関する悩みについての解決策をアドバイスします。

【相談内容】24歳のOLです。

最近今後の人生設計を考え始めました。

理想としては、5年以内に結婚をし、結婚後2年以内に出産をしたいです。

そのためには、いくらあれば望ましいのか、また今からしておいた方がよいことや、しておくべきことなどがありましたら、アドバイスをお願いします。

【プロからの回答です】ご自身も自覚されているように、お友達と行く趣味の旅行代4万円は毎月の大きな支出となっています。

それでもご実家暮らしで住居費や生活費がほとんどかからないため、月間収支は8万円の黒字で、貯蓄も200万円あります。

ただ普通口座においてあるお金は無意識に使ってしまって「気づいたらなくなっていた」ということになりがちなので、まとまった金額になったら定期預金にするほうがよいでしょう。

家計のお悩みのもう一つ「保険」についてですが、君江さんの場合は未婚のため、万が一亡くなった時に経済的に困る人がいなければ、「死亡保障」ではなく「医療保障」を検討してみましょう。

医療保障は、病気やけがに備えるための「医療保険」とがんに備えるための「がん保険」に大別されますが、最近はがん保障を手厚くしたタイプの医療保険などもあります。

「病気やけがで入院しても、貯蓄を切り崩せば何とかなる」と考えるなら保険は不要でしょう。

(※詳細は以下をご覧ください)夢を実現させ、理想の人生を送るためには、マネープランを立てることがとても大切です。

マネープランの第一歩は、将来のライフプラン(人生設計)を考えることから始まります。

24歳の若さで、将来のライフプランについて考え始められたのはすばらしいことです。

君江さんは現在「4〜5年後に結婚、結婚後1〜2年以内に出産をしたい」という理想をお持ちで、保険への加入も検討したいと考えておられます。

そのためにどれくらいお金がかかるのかを知り、その費用を準備することがマネープランの目標となります。

まず、結婚費用はどれくらい準備したらよいでしょうか。

あるデータ(※1)によると、2012年に挙式・披露宴・披露パーティーにかかった費用は全国平均で約344万円でした。

(ご祝儀平均は約226万円)あくまで参考なので、自分がどんな結婚式にしたいかによって金額は大きく変わってきます。

その他には結納、婚約指輪、新婚旅行の費用などがかかります。

新生活を始めるためにもお金がかかります。

敷金・礼金・家具・引っ越し代などで100万円程度は準備しておく必要があるでしょう。

出産については、妊婦健診に約10万円、分娩費用に約30万円〜60万円、マタニティウエアやベビー用品などに約20万円かかっているようです(※2)。

妊娠・出産の費用は全額自己負担ですが、自治体などからの助成金や、健康保険から出産一時金として42万円の給付を受け取ることが出来るため、個人の負担はかなり軽減されます。

(※1 ゼクシィ結婚トレンド調査2012、ゼクシィ新生活準備調査2012(リクルート全国平均))(※2 厚生労働科学研究費補助金・厚生労働科学特別研究事業「我が国における分娩にかかる費用等の実態調査」(平成21年1月))結婚、出産にかかる費用がある程度イメージ出来たところで、君江さんの家計を見てみましょう。

ご自身も自覚されているように、お友達と行く趣味の旅行代4万円は毎月の大きな支出となっています。

それでもご実家暮らしで住居費や生活費がほとんどかからないため、月間収支は8万円の黒字で、貯蓄も200万円あります。