要チェック! 異性にコレをされたら嫌いだというサインかも!?

写真拡大

相手に夢中になっていると気付きにくいものですが、フラれた後に「そういえば、こういうしぐさをされていたってことは、そもそも脈ナシだったんだよな」なんて反省をすることもあるかもしれません。

相手が自分のことを好きになってくれるのならば告白したいが、もしも好意を持たれていない場合にはこっそり諦めたいという人も多いでしょう。

告白して失敗してしまうと、相手を含んだ友達・同僚との関係もぎくしゃくしがちです。

では、どうやったら相手が出している”嫌い”というサインに気付くことができるのでしょうか。

■話をしている途中に、ずっと私物をいじっているこちらが熱心に話しかけても、会話に集中していない。

そんな素振りが出るだけで危険なサインでしょう。

携帯やスマートフォンなどをずっといじっていたり、バッグの中を探っていたり、手元にあるおしぼりやストローなどをいじくっているような行動を繰り返しているのは、あなたに興味がない証拠です。

また、ロングヘアの女性の場合、話を聞いているうちにその内容に飽きてしまうと、髪の毛をいじる人が多いようです。

髪の毛をいじって退屈をまぎらわそうとしているという気持ちの表れですから、こちらも「脈ナシ」と判断してよいでしょう。

■相づちを何回も繰り返してくる一生懸命話しかけているときに、相手が相づちを打ってくれると「ああ、話を聞いてくれているな」と安心して話し続けられるものです。

ですが、話しかけている途中に素早いうなずきが複数回繰り返される場合には、話に飽きてしまっているのかも。

若しくは、話を聞いていないのかもしれません。

さっさとその話題を終わらせてくれ、解放してくれというサインかもしれないのです。

■話している最中に、遮るように「ゴホン」と咳(せき)払い風邪をひいているわけでも、花粉症でもないのに咳払いを続けてくる。

これは、知らず知らずにあなたがしていることへ「それはちょっとまずいんじゃないの」「やめておけば」と伝えようとしているのかもしれません。

若しくは、ストレートには言えないけれどあなたの話にはもう付き合いたくないの、と遠まわしに態度で示している可能性もあります。