意外と知らない? 「簡単によく落ちる」便利なお掃除グッズ

写真拡大

洗剤を使ってゴシゴシと力一杯こする……そんなイメージのお掃除はもう古い! 最近では、カンタンに汚れが落ちて、しかも地球を汚さずエコ、さらに除菌までしてくれるような一石三鳥なお掃除グッズが増えているのをご存知ですか?■蒸気で汚れを吹き飛ばす! スチームクリーナー最近テレビショッピングやネットショップなどでも話題のスチームクリーナー。

気になるけどよく分からない……という方も多いのではないでしょうか?<加熱方式>スチームクリーナーには「ボイラー式」と「パネル式」の2つの加熱方式があります。

・ボイラー式タンク内で水を加熱し、高温・高圧の蒸気を発生させます。

スチームを噴射するまでには数分が必要。

噴射時には約100℃の蒸気が出ます。

・パネル式熱した鉄板を通過させることで蒸気を発生させます。

噴射までにかかる時間は数十秒、噴射時の温度は約90〜85℃です。

時間は多少かかりますが、ボイラー式のほうが高温の蒸気を噴出させることができ、その分汚れも落ちやすくなっています。

<形状>形状には主に「キャニスター式」と「ハンディ式」があります。

キャニスター式は掃除機のような大きさで、収納場所が必要になりますが、タンクが大きいため長時間の使用が可能です。

ハンディ式は片手で持てるほどお手軽ですが、連続使用時間が数分程度と短いので、広い範囲を掃除するには何度も水を足さないといけません。

スチームクリーナーの大きな利点は、洗剤を使う必要がないということ。

台所周りやダイニングテーブルなど、洗剤を使うのに躊躇する場所でも安心して使えます。

また、高温の蒸気で洗浄するので、除菌効果もあります。

実はこのコラムを書いている当日、以前からネットで注文していたハンディ式のスチームクリーナーが到着しました。

さっそくいちばん使いたかった窓のサッシに吹き付けてみました。

すると、こびりついていた汚れが面白いほど浮き上がって、きれいに飛んでいきました。

ただ、難点は長持ちしないこと。

ハンディ式なので、数分使っているとすぐに蒸気が弱くなり、また水をつぎ足して、噴射できるまで数分待たないといけません。

台所やお風呂など、徹底的にクリーニングしたい時は、効率よく噴射できるように考えながら使う必要がありそうです。

■その他にもある? 洗剤なしで強力に落ちる秘密兵器、ぞくぞく強力な洗剤を使えばある程度の汚れは落ちます。

とはいえ、食べ物のまわりを掃除したいときや小さな子どもがいる場合などは、やはりためらってしまうもの。

何より「排水が地球を汚すかも」と考えると、できるだけ環境に優しい洗剤を使いたくなるものです。

そこで注目したいのが「米ぬか」と「電解水」です。

<米ぬかで落とす>「とれるNo.1」という洗剤をご存知でしょうか。

その成分は、米ぬか、フスマ、有益微生物群、酵素です。

これをスプレーしてしばらく置いたのち拭き取ると、驚くほど汚れが落ちます。

レンジまわり、お風呂やトイレのぬめり、家具などもピカピカになるうえ、体に安心な成分で出来ているので、口にすることもでき、なかにはハミガキ粉として使っている人もいるとか。

お風呂の入浴剤として入れれば、お湯を抜いたあとお掃除したようにキュキュっとなるそうです。

<電解水で落とす>「アルカリ電解水」を使った水の洗剤もよく見かけます。

これは水を電気分解して作られたものなので、界面活性剤を含みません。

ですから、ポットや電子レンジ、まな板など食に直結するもののお掃除にも安心して使えます。

除菌や消臭の効果もあり、以前この水をお風呂に入れて使ったところ、翌日もぬめりがなく、残り湯を使った洗濯でもよく汚れが落ちました。

自然界では分解されにくい界面活性剤。

地球への負担を少しでも減らしたいと、「エコ」で「落ちる」お掃除グッズはこれからますます注目されそうです。

(文・エスタイル)