心が折れそうなときに効く食べ物は?




誰にでも落ち込むことがあります。「病は気から」なんていいますが、気がめいってばかりいると病気を呼ぶことになり、体によくありません。そこで、心が折れそうになったときに効く「食べ物」を調べてみました。





■脳内では「セロトニン不足」かも!?



人間の気持ちは、脳内で分泌される物質によって左右されることが分かっています。



「セロトニン」という脳内で分泌される物質があります。このセロトニンは「ノルアドレナリン」や「ドパミン」という物質を抑えて、心のバランスを整える機能があります。セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、うつになりやすいといわれます。



つまり、セロトニンが不足すると「落ち込みがち」になってしまうのです。そこで、セロトニン不足にならないような食べ物を取るのがいい方法です。



セロトニンを作るには「トリプトファン」と「ビタミンB6」が必要ですので、これらを含む食べ物を紹介します。



■トリプトファンを多く含む食べ物



トリプトファンは「タンパク質」に含まれる物質ですから、良質なタンパク質を取るように心掛けるのが良いそうです。



食品100g当たり



すじこ:331mg

たらこ:291mg

プロセスチーズ:291mg

肉類 150-250mg

赤身魚 200-250mg



他に納豆なども100g当たりトリプトファンを242mg含みます。



■ビタミンB6を多く含む食べ物



食品100g当たり



にんにく:1.50mg

鶏ひき肉:0.68mg

豚肉(レバー):0.57mg

子牛肉(リブロース):0.48mg

唐辛子:3.81mg



ビタミンB6はレバーや、まぐろ、かつおなどの赤身魚に多く含まれています。



■サプリメントも出ていますが……



サプリメントも出ているようですが、調剤薬局の薬剤師さんに聞いたところ、自然食品から取るのが良いそうです。やはり、いろいろな食物と一緒に取った方が体にもいいとのこと。



「すじこ、たらことかをさかなにパーっと一杯やれば落ち込みなんか吹っ飛ぶから大丈夫!」ということでした(笑)。



アルコールに頼るのはいかがなものかと思いますが……。



(高橋モータース@dcp)