”50年後”も生き残る日本企業--2位「ホンダ」3位「JR東日本」、1位はやはり…

写真拡大

リスクモンスターは12日、第1回「50年後も生き残ると思う日本企業」調査の結果を発表した。

同調査は、2月25日〜26日の期間にインターネット上で行われ、20〜59歳の有識者男女と60〜69歳の男女計1,000人から有効回答を得た。

それによると、「50年後も生き残ると思う日本企業」アンケートのランキング1位には「トヨタ自動車」(回答率44.4%)が選出。

以下、2位「本田技研工業(ホンダ)」(同24.9%)、3位「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同21.1%)、4位「味の素」(同20.7%)、5位「日産自動車」(同20.6%)、6位「東海旅客鉄道(JR東海)」(同20.1%)、7位「ヤマト運輸」(同19.8%)、8位「キヤノン」(同17.5%)、9位は同ポイントで「日清食品」と「パナソニック」(同17.4%)となった。

トップ20に入った企業を業種別に見ると、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機械・器具製造業5社(キヤノン、パナソニック、ソニー、日立製作所、東芝)、飲食料品製造業6社(味の素、日清食品、サントリー、キッコーマン、キリンビール、キユーピー)、その他製造業2社(ブリヂストン、TOTO)と、製造業が16社を占めた。

鉄道業は3社(JR東日本、JR東海、JR西日本)がランクイン。

サービス業では唯一ヤマト運輸がトップ20に入る結果となった。

上位20社の創業年数について、リスクモンスターのデータベースで調べたところ、全企業が60年以上、平均では89年となった。

50年後も生き残ると思う日本企業に重視するイメージを聞くと、最も多かったのは「技術力」で45.2%。

次いで、「製品・商品の品質」が41.8%、「業界シェア」が27.4%、「独創性」26.が0%、「経営理念・姿勢」が25.1%となった。

また、企業を選択した理由を自由回答で質問したところ、重視するイメージと同様に「技術力」「品質」「業界シェア」を挙げた人が多かったほか、「経営姿勢」「信頼性」を評価した回答も見られたという。

上位20社の自己資本と自己資本比率を調査すると、1位の「トヨタ自動車」は自己資本10兆5,502円、自己資本率34.4%、2位の「本田技研工業」は同4兆4,026億円、同37.4%などとなり、いずれの上位企業も自己資本が大きいか、または自己資本比率が高くなっていた。

リスクモンスターは今回の結果を受け、「今後は、グローバルでの競争を勝ち残っていくことができる企業や、単純な技術力だけでなく、持っている技術をうまく活用することができる企業が50年後も生き残っていくことになる」と分析している。