がん患者3年放置、名古屋大病院

ざっくり言うと

  • 名古屋大学医学部付属病院は、がん患者が3年間放置状態になっていたと発表
  • 患者は手術を受けたが、がんが肺に転移しており死亡した
  • 手術の遅れががんの進行につながったとして、遺族に謝罪した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング