中川翔子のドラゴンボール愛が再び炸裂! 「野沢さんは不老不死になるべき」

写真拡大

東映は12日、3月30日に公開されるアニメーション映画『ドラゴンボールZ 神と神』の公開に先がけて、全国5カ所で一斉に完成披露試写会を開催し、東京・新宿バルト9で行われた舞台あいさつには、主演の野沢雅子に加え、ゲスト声優として参加したロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダリストの松本薫選手、タレントの中川翔子が登壇した。

まず、野沢が「オッス! オラ、悟空! 」とあいさつすると、自他共に認める『ドラゴンボール』オタクの中川は負けじと「皆さん、高まっていますか? 気をためていますか? 全人類・全宇宙待望の、『ドラゴンボール』がついにキター!」とあいさつし、初っ端からハイテンションで観客を煽っていく。

すでに原作者の鳥山明と本編を鑑賞したという野沢は、「映画が終わって明かりがついた瞬間、思わず『かっこいい! 面白いですね!』と言ってしまった。

鳥山先生も『面白いです。

これは僕の世界です』と絶賛していました」と振り返り、観客は拍手喝采で応えていた。

それを聞いた中川は「まさに『神と神』ですね!」と本作のサブタイトルとかけた発言で観客をうならせるとともに、先日会うことができたという鳥山について「もうガクブルでございました。

『ドラゴンボール』のおかげで私の細胞・脳・人生は勇気をもらって……」と興奮気味に話すも、「結局、盛り上がったのはブルースリーと猫の話でした……」としっかりオチをつけ会場の笑いを誘う。

今回、声優に挑戦した中川は「タレント声優が登場したことは、今までの『ドラゴンボール』シリーズの歴史でもなかったこと。

絶対、鳥山先生の世界に溶け込もうと”しょこたん”の気を消し去って挑戦しました」と本作へかける想いを明かした。

一方、松本は「白帯でした。

何度もやり直しましたが、まだまだです」と振り返ったが、野沢は「初挑戦で心配したが、本当にすばらしかった。

監督はプロの私たちにも何度もやり直しさせるんです」とやさしくフォロー。

また、『墓場の鬼太郎』で共演している野沢は、中川に対し「『墓場の鬼太郎』の時は”しょこたん”とわかりそれはそれでよかったのですが、今回は完全に消えてます。

すばらしかった!」と絶賛。

感極まった中川が「もったいなきお言葉……」と、崩れ落ちながら野沢を拝みたおす一幕も。

その後、松本には司会者からの「悟空と戦うのなら、どの技で挑みますか?」という質問が。

「え? 空を飛んでいるのに?」と見事な切り返しを見せつつも、「やっぱり一本背負いです」と回答。

さらに日頃から「『ドラゴンボール』を義務教育にすべき」と発言している中川は「今や『ドラゴンボール』は地球を1つにする力がある。

海外のファンもたくさんいて、世代・性別・人種を越えて笑顔になれる作品。

松本さんの『悟空を見て強くなりたかった』という言葉もすごく好きです」と、『ドラゴンボール』がいかにすばらしいかを力説した。

「もしドラゴンボールで願いがかなうなら?」という質問に、野沢は「この地球がある限り、悟空と一緒にずっと『ドラゴンボール』をやっていきたいです」と宣言し、中川は「歴史に残る名言が飛び出したー!」と大興奮。

また、中川は「ベジータ様とトランクスの親子に私を取り合ってもらいたい……と言いたいところですが、今日限りでその邪念を捨てて、野沢さんに不老不死になってもらいたいです」と回答。

野沢から「ありがとうございます」と何度も感謝されていた。

そして、松本は「勝負師なので無敵です。

でも、婚期が遅れるので少し無敵で」とコメント。

司会者からは「婚活も含めて無敵にしてもらえばいいのでは?」とのアドバイスを受け、観客から応援の意味を込めた拍手喝采が届けられた。