おみくじで“凶”を引いた毒女記者が占い師にガチで結婚運を占ってもらった

もうまもなくやってくるホワイトデイ。これをお読みの皆さんは、バレンタインデイ意中の人にチョコレートを渡すことができたでしょうか?

【関連:引いたはいいけどどの順番?意外と知らない「おみくじ」の並び順】
 
バレンタインデイといえば思い出されるのが、今から遡ること30ウン年前。当時は空前の“おまじない”ブーム。図書館で手にした“おまじない”の本に書かれていた「意中の人と両思いになるおまじない」のレシピにしたがい、バレンタインデイのチョコレートに“朝つゆ”を集めた液体を混入し、意中の同級生男子にプレゼントしたものです。結果についてはご想像通りです。

そんな筆者。今年のバレンタインデイもここ数年にならい意中の人が見つからず、誠に遺憾ながら同僚女子から同情チョコをいただいた身分。
そろそろお礼の品を用意せねばと思っている次第です。

そうした折、先日訪れた取材先の近所のお寺で「今年こそは素敵な出会いがありますように」と本気で願いを込めてみました。
帰りにその結果を占うべく引いたおみくじ。出たのは人生初の“凶”。それが写真のおみくじです。

余談ですが、筆者スペック、アラフォー、彼氏いない歴まもなく10年、女性向け生命保険加入済、数年前自分の老後を見据え郊外に一軒家購入、家族:ネオンテトラ20匹・エビ10匹……。

こうして書き連ねてみると今後の人生少々不安が募ります。

ただそこは末席とはいえ一応報道を生業にする身分。ふとした疑問が湧き上がります。
「占いやおみくじって本当にあたるの?」という疑問。

そこでちょっと意地悪ながら、勝手に占いの真価について検証してみました。

※今回の検証については許諾は占い事後にとっており、占い時点では各占い師の先生方はこのことをご存じありません。その点ご了承ください。

 
――占いサイト選び

筆者占いは、以前からまんざら嫌いではありませんでした。
ただお金を出してまで占うのはちょっと……というセコイ考えもあり、手を出すのは無料のものばかり。
ただ、最近ではこの無料の占いサービス。ちょっとタチが悪いものもあり、「無料でメール診断します」と書いておきながら、確かに1度は無料で診断してくれるものの、以降何も頼んでいないのに毎日何通も勧誘メールを送ってくるところなどがあります。
以前そうした占いサイトに引っかかった経験があり、どこが優良サイトなのか?
今回記事を起こすにあたって色々と調べてみました。

その中でここは大丈夫かな?と思えたのが『幸せ占いシエロ』さん。
一昨年まで東京MXテレビで放送されていた番組『幸せになりたいの』に所属占い師の方が何人も出演されており、また中にはアメブロなどでブログを公開している方もいるよう。
料金設定も最初のメール診断は無料、電話相談も行ってりこちらは最初の10分無料。
ちなみに、電話占いの場合には占い師を変えれば最初の10分は毎回無料になるそうです。ただし、10分以降には料金が勿論発生します。こちらは占っていただく先生により異なるそうで、1分200円の方から1分800円の方まで様々。

以前酔っ払った勢いで街角鑑定の方に占いをしてもらったことがありますが、その際の価格がたしか10分で3000円程度だったと思います。分にならすと1分300円。
まぁ適正かな。と思い、頼んでみることにしました。

 
――占い師を選んでみる

『シエロ』さんのサイトを見ていると、なんと所属占い師が50人以上もいる大所帯。しかも無料電話占いの場合、ランダムで占い師が斡旋されるのではなく、最初から指名することができるそう。(メール占いはランダムだそうです。)

色々と悩みましたが、とりあえず手頃な1分450円の「ミランダ先生」という人にアクセスしてみることに。
ただしこの先生。後から知ったことですが、普段は予約困難な方なのだとか。
私の場合には、予約を入れて1日程度で占っていただくことができました。
(場合によっては数ヶ月待ちもあるそうです)

 
――無料10分をフル活用して聞きたいことを聞いてみた

具体的に書くのが誠にお恥ずかしい次第ですが、無料鑑定時間も短い事ですので、直球で「私の婚期」について伺ってみました。

こういう無料占いの場合、無料時間中は結論を焦らし有料時間に持ち込むのでは?と思っていました。ところがどっこい、先生かなり男前。ズバリ「今までにもチャンスは何度かあったけど、ものの見事にあなたが気づかなかった」的な事を言われました。

言われてみれば、数年前、知り合いの結婚式で再会した昔の飲み友だち(男性)に、「昔好きだった」という事を笑いながら言われた事があります。残念なことに再会時、その彼既に結婚しており、笑い話の一つとして語ってくれたという出来事。

ちょっと当たってるかもと思いつつ、矢継ぎ早に、「今後縁のある方はいますか?」と聞いてみたところ。「いますよ。しかも割と直近であります。でも相手はあなたのこれまでの好みとは違います。」。
なんと、この良回答。胸が高鳴ります。

深くこの質問につっこみたい気分を抑えて、残り時間を考え(意地悪ですがタイマーを設定して占いに挑みました)最後に「先日おみくじで“凶”ひいちゃったんですが」と聞いてみました。すると「“凶”は確かにその人の先の災いを示す事もありますが、その掲示を念頭に注意深く行動することで、“凶運”を“強運”に変える事もできるんですよ」というアドバイス。たしかに“災い転じて福となす”という言葉が昔からありますもんね。ただ、他人からこうして言ってもらうことで多少なりと安堵感を持つことができるから不思議です。

そしてここで時間は終了。延長してもう少し聞いてみたい気持ちもありつつも、今回は“無料時間でどこまで聞けるか”というのも知りたかったので、「また今度」ということにして占い終了。

 
――結果

その後平穏無事に、今までどおりの“おひとりさま”ライフは続きました。
ミランダ先生に「割と直近で出会いがある」と言われた割に、何も変わらぬ日常に「やっぱり占いってこんなもんかー」。と半ば自分の人生捨て鉢に考えていたところ……昨日、「こ く は く」というものを二十数年ぶりにされました。
これ嘘じゃないです。
もともと本稿、「いつか何かの記事ネタになれば」という軽い気持ちで取材を行っていました。その為、取材許可は全て事後に取得しています。

しかも私に告白をしてきたチャレンジャーもとい勇者は、8歳も年下の公務員。
ミランダ先生があっさり語った「私のタイプと違う」という言葉にピタリと当てはまります。
今までの男性の好みといえば、一回り年上かその前後。年下は全く興味がありませんでした。昔風で言うと「アウトオブ眼中」な存在。

とりあえずは、彼が正気かどうか分からないため、一旦保留としましたが、今後の展開はどうしたものか……。

今この時点では今後の運命は定かではありませんが、占いもまんざら全てが全て外れるというわけではなさそうです。
勿論、占い師により相性やタイミングはあるのかもしれません。
「当たるも八卦当たらぬも八卦」。ダメで元々の気持ちで占ってみると、意外と自分の人生に、何かちょっとしたアクセントを与えてくれる。それが占いなのかもしれませんね。

▼取材協力
幸せ占いCielo http://bsl.clik-sys.info/?m=5G0082&guid=on