(株)アクタス(休山 昭社長)は、4月26日(金)、JR大阪駅直結の商業施設「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」北館1Fに、大阪初上陸となる「スーホルムカフェ+ダイニング」を併設した、ライフスタイル提案型セレクトショップ「アクタス梅田店」をオープンする。
関西エリアのトレンド発信拠点と位置づけられている「アクタス梅田店」は、売場面積165坪(545平米)。丁寧にセレクトしたオリジナル家具やインテリア雑貨、アパレル、食材などを「COLLECTOR」をテーマに編集し、消費者の収集欲を刺激する、ワンランク上のライフスタイルを体感出来る売場づくりを目指す。ちなみに、オススメの雑貨アイテムとしては、たとえば、北欧デザインの巨匠・アルネ・ヤコブセンによるタイポグラフィーをあしらったプレート&マグ「Design Letters」がアジア初上陸。また、ニューヨーク在住のスタイリストRachel Rheingoldと地図製作者Michael Berickのコラボによるトートバッグブランド「MAP TOTE」からは、アクタス梅田店限定「OSAKA」が発売されるほか、普段は製品化されない希少なマグも限定ラインナップされる。
また、アクタスがプロデュースする北欧スタイルカフェ「スーホルムカフェ+ダイニング」は、新宿、湘南、京都など5店舗で展開している。大阪店では、北欧伝統料理の本格ホームメイドミートボールを中心に、サラダやパスタ、メインディッシュのほか、シーフード・ベジタブル系の食材をアレンジした新メニューも登場、植物性食品と卵、乳製品をバランスよく使用した「オボ・ラクトベジタリアン」のメニューなど、様々なニーズに対応する親しみ易いカフェとして、幅広い客層に向けたサービスを展開したいとしている。