『フランシス子へ』

写真拡大

吉本隆明ファンが、この本を手に取る「猫好き派」に嫉妬するかもしれない――「戦後思想界の巨人」吉本隆明氏の1周忌に寄せて、死去の3か月前に語った愛猫の死の話などをまとめた『フランシス子へ』(吉本隆明、講談社)が発売された。

「猫派」ならその心をわしづかみにされそうな、しみじみとした猫への愛情が伝わってくる本でもある。「吉本隆明って誰?」という人でも気軽に読めそうだ。勿論、全編が猫の話という訳ではない。オールドファンをうならせる「老いの高み」をさらりと示す肉声・考察も散りばめられている。

ホトトギスは、本当に「実在」するか

本書は、吉本氏宅に、前作『15歳の寺子屋 ひとり』(吉本隆明、講談社、2010年)の頃から通い続ける女性編集陣に語った、生きることや老い、病気、死そして「実在」についての考察をまとめた本だ。

書名の「フランシス子」は、人生を通じて数十匹の猫を飼った吉本氏が、いちばん心に残ったという猫の名前。吉本氏は、「これといって特色のない猫」だが、相思相愛の仲だったと振り返り、その死について自らの老いに重ね合わせながら語る。「猫型人間と犬型人間」といったテーマも取り挙げる。

「いい老人にはなれない」という吉本氏の語りは、「(和歌にも数々読まれてきた)ホトトギスは、本当に『実在』するか」という大疑問(?)にも及ぶ。「大真面目」に取り組んでいる「研究」だそうで、ホトトギスに限らず、「実在」について、「何を根拠に納得したらいいのか」と疑問を投げかける。何かが実在しているものとして、「うかうか」と話す学者らに対しては、「危なっかしいなあ、大丈夫かなあ」と感想をもらしている。

「詩うような語り口がよく再現されている」

また、吉本氏(87歳で死去)は老いに関して、「年くったからカンも鈍くなった」と思っていると、「お年寄りをまちがえるよ」ということがわかってきた気がすると明かす。

「あるところでは若いときには全然なかったことを考えてるんだけど、それを言わないだけ」「思ってるんだけど、やらないだけ」

吉本氏はこの最晩年の本で、何を「言わない」で、何を言ったのか。

長女で漫画家のハルノ宵子さんも巻末に一文を寄せており、「(文章は)あの頃の父の夢の中のような、詩うような語り口がよく再現されている」と指摘している。

2013年3月13日、発売された。1260円。