表 女性向け20代論対象書籍

写真拡大

■TOPIC-3 自己肯定ツールとしての自己啓発書

前回は、女性向け「年齢本」を貫く「自分らしさ」という原理について見てきました。今回は、このような「自分らしさ」を重視する態度が、仕事や恋愛、結婚などの具体的テーマに適用されるとどうなるのか、前回に引き続き20代論を対象に見ていきたいと思います。ただ、「年齢本」で扱われる内容は非常に多岐にわたるので、今回は仕事、外見、恋愛の3テーマに絞ることとします。

まず仕事についてですが、「年齢本」の基本原理を確認しておきましょう。人生の目標は幸せになることである。幸せは状況から自動的にはもたらされない。それは「心」の問題である。より具体的には、どのような状況に置かれても「自分らしく」あれることが重要である。今ある自分自身をすべて受け入れ、信じることで「自分らしさ」を自らの内に見出し、そしてその「自分らしさ」を基準にして自らの人生を自覚的に、責任を持って過ごしていかねばならない――。

このような観点から、仕事への言及についていくつか見ていきましょう。最も端的なのが高梨美雨さんの『28歳から「あなたの居場所」が見つかる本』での言及ですが、高梨さんはしばしば、以下のようなさまざまな女性の働き方について言及します。

「自分で会社を起こして、“成功者”なんて周囲から注目され、何億円ものお金を稼いでいる人もいます。あるいは、OLをずっとやってきて、『婚期を逃しちゃったなあ』なんて思いつつも、“お局さま”の域に達してきた自分を感じている人もいるでしょう。また会社にうまくフィットできず、いまは派遣社員として働いていたり、あるいはアルバイトで仕事をしている人もいる。その一方で、結婚して専業主婦をしている、なんて人もいますよね」(106p)

しかし高梨さんは、仕事において重要なのは、「OLだから仕事が楽しくない」あるいは「起業家じゃないから私は輝いていない」というような、職種や雇用形態ではないと述べます(107p) 。たとえば主婦もまた一つの仕事であるとしたうえで、「輝いている主婦」であるか「輝けない主婦」であるかどうかは、「主婦という仕事の中に、自分の“存在意義”を見出しているかどうかということが大きい」(108p)、つまり自分自身の考え方の問題だと述べるわけです。これは、輝けるか否かは、自己責任、自助努力の問題にされているということでもあります。具体的には以下のように言及されます。

「多くの人は、『輝くための努力』をなにもしないで、ただ自分の選択でそうなっている現状に不満をいっています。厳しいようですが、それではなにも変わらないのです」(109p)

こうした観点が、主婦のみならず、仕事一般に適用されていきます。どんな仕事をするか、どんな風に働いていくのかを選択するにあたっては、「仕事はやっぱり、自分自身がどうあるかが大事なのです」(127p)、「『会社のために自分がある』と考えないこと。あくまで“会社”という場所に、自分自身の居場所をつくって仕事をしているのです」(122p)というように。浅野裕子さんもまた、「どんなことでも、すべてが自分の可能性につながっていると思えば、将来の夢へのきっかけになります」(64p)として、自分という観点から仕事について考えようと促しています。

■外見も「心」の問題

男性向け「年代本」ではあまり重点的に扱われることのない、女性向け「年齢本」特有のトピックがファッション、メイク、美容です。これらもまた、「自分らしさ」の原理にしたがって論じられるのですが、その前提にあるのは、女性は美しくあるべきだ、ファッションに気を使って当然だ、女性らしい服装をするのは当然だという価値観です。これはたとえば以下のような言及で示されています。

「あなたが女性で、『キレイになりたい』『美人と言われたい』という欲望を持っていないとしたら。はっきり言いましょう、あなたは幸せをほとんど捨てている人です。(中略) 女性として生まれたからには、キレイになることは使命だとさえ(著者の三浦さんは:引用者注)思っています。特権といってもいいでしょう。女性だから、正面切ってキレイになるために努力する姿も、健気で可愛いものだと思ってもらえるんですよね」(三浦、8-9p)

「人生いかに生きるかという命題の答えは、男性なら仕事やサクセス、生きる姿勢というかたちで表すこともできるだろうが、女性にとってはそれらにまして『幸福』という価値が大きい。そして女性がいま幸福かどうかは、女性の美しさにはっきり現れてしまう」(三浦、26p)

「どんな状況でも、女性が人に会うときは、それなりの気づかいが必要だと思うのです。もちろん男性でもそうなのですが、女性の場合は服装のバリエーションが広いし、しかも相手が男性だろうが女性だろうが、男性以上に、よく外見で見られます。とくに28歳を過ぎて、仕事でもある程度期待されるようになれば、なおさらです」(高梨、141p)

拙著『自己啓発の時代』では、自己啓発を扱うメディアには「基底的参照項」があると指摘しました。つまり、各メディアでは「本当の自分を探そう!」と自己分析が促される一方で、女性向けメディアなら「女性なら当然恋愛がしたいよね!」という文脈から、男性向けなら「男性なら当然仕事に向かって頑張るよね!」という文脈からはみ出た自己分析は許されないというようなことです。「年齢本」も同様で、女性なら当然恋愛に、ファッションに、美容に積極的であるべきという前提が踏まえられたうえで、「自分らしさ」を見つけ出していくことが説かれています。

ところで、「キレイ」や「美しさ」は単に外見の問題だと思われるでしょうか。「年齢本」によればこのような考えは間違いです。この点に関して、タイトルが非常に印象的な三浦天紗子さんの『20歳を過ぎたらブスはあなたのせい』では、端的に以下のように述べられています。

「人は『ブスに生まれる』のではありません。『ブスになる』のです。そして、ブスになるには必ず理由があります」(8p)

「美しさに関してはかなりの誤解が蔓延していることも事実。その元凶ともいえるのが、『キレイを左右しているのは生まれつきの美醜』だという思い込みです」(9p)

「おそらく、そうした超絶美人の比率は1%(いや、もっと少ないかも)。逆に、この顔では人生どうにもならないという超アグリーもせいぜい1%(憶測ですけどね)。そのほかの98%は、美人とブスのはざまにいます。いわば『ちょいブス』。でも少し手をぬけば美人とブスのグラデーションは、たちまちブス色濃厚に染まっていくのです」(10-11p)

「私は、美人の三原則とは『顔』『スタイル』『若さ』ではなく、『フェロモン』『センス』『知性』だと思っています。前者はいずれ衰えるもの、後者は成熟によって磨かれるものです」(11p)

美しさや美人であることは生まれつきの問題ではなく、また単純な外見の問題でもなく、自らを磨いていくその態度によって磨かれていくものだというのです。顔やスタイルを、「フェロモン」「センス」「知性」へと変換するアイデアは非常に卓抜だと私は考えます。というのは、この変換によって、つかみどころのない達成目標に向けて著者が読者をいつまでも啓発できるという「無限ループ」が設定可能になるからです。

美しさは自らの意識次第で向上していくことができる――。このような態度は他の著作ではもう少し控え目なかたちになりますが、やはり同様に言及されています。たとえば、ファッションセンスは生まれもってのものではなく、自分自身を見つめ、意識を高めていくことで磨くことができるのだ、と。

「ファッションによって、自分の印象が左右されるというのは、よくするのも悪くするのも自分次第ということです。だからこそ、もっと自分が快適になるように、ファッションに対する意識を持つことが重要なのです」(高梨、141p)

「どうすれば自分のおしゃれが見つかるのでしょうか。自分のおしゃれを見つけるには、一度すべてを捨てることです。持っているものを捨てるのではなく、自分の固定観念やまわりからの余計な情報を捨てるということです。ファッションも自分自身を見つめることからスタートさせるのです」(浅野、133p)

メイクも同様で、「客観的に自分の顔を見て、“いいところ”と“悪いところ”を見分け」、そのうえで「自分に合うメイク」をしていくことが促されます(高梨、158-159pなど)。こうして、美しさという一見して外見の問題と考えてしまうトピックは、日々の意識や努力や考え方の問題、つまり「心」の問題とされるわけです。

■自分のための恋愛

次は恋愛です。男性向け「年代本」では特に20代論に特化して登場するテーマですが、女性向け「年齢本」では、20代から40代までつねに登場する定番テーマとなっています。恋愛論についても、「自分らしさ」を重視する原理は貫徹されていますが、その議論はまず次のような「悪い例」の提示から始まります。

「28歳の女性にとって、いい恋愛や、いい結婚を最も邪魔してしまうもの。それは『固定観念』だと思います。つまり、“幸せな恋愛とはこういうもの”という枠組みを自分でつくりあげ、そんな居場所の中に自分も男性も全部、押し込めてしまおうとする。結果、自分もハッピーになれないし、男性のほうも逃げ出してしまうのです」(高梨、76p)

「相手の好みに合わせて自分を変える恋愛駆け引きは、あなた自身から“あなたらしさ”をどんどん奪ってしまいます。もし“本当のあなた”のまま相手に飛び込んで、相手がそれを受けとめてくれなかったとしたら、その人とは縁がなかったということ。そういう場合は、“本当のあなた”を受け入れてくれるパートナーを探せばいいだけの話です」(小倉・神宮寺、19p)

世に流通している恋愛観ではなく、自分自身の恋愛観を持つこと。相手に合わせるのではなく、「本当のあなた」、素直な、いわばありのままの自分を受け止めてくれるパートナーを探すことがあるべき恋愛だということ。「恋愛は、“自分のため”になっているだろうか?」(高梨、32p)というように、恋愛は「自分らしさ」を大事にするところから始めるべきだというわけです。

「自分らしさ」の問題として恋愛を位置づけるとき、次のような、自己責任や自己受容の観点から恋愛・結婚を考えようとする言及もワンセットで登場することになります。

「(結婚について深刻に考え、焦っている人がいるとしたら:引用者注)まあ、焦らないでください。そんな人は、こう思ってください。結婚していないのも、まだ彼氏がいないのも、自分で選んだ結果なんだ――。(中略)それなら思いっ切り、過去のことを後悔してみてもいいではありませんか。『自分がそれを選んだ』って、厳しいことでも受けてしまう。そして、いまある自分をきちんと認めてあげればいいのです」(高梨、100p)

「自分をモテないと思っている人は、人から好かれる前に、まず自分から人を好きになっていますか? そもそも、自分自身のことを大切にしていますか? 自分を大切にできない人は、卑屈でいじけた気持ちを抱えていることが多いのです。そして、そのマイナスの感情は、本来その人がもっているはずのたくさんの魅力を奪ってしまいます」(小倉・神宮寺、20p)

さて、ここまでは各著作における共通点を見てきましたが、ある点において、著作間に大きな相違を見ることができます。それは以下のような言及に表われています。

「私たちは、不倫もただの恋愛のひとつ、と考えています。(中略)もちろん、それを選んだことによってもたらされる恋愛中の苦しみは、計り知れないものがあります。それでも覚悟を決めて不倫の恋を選ぶなら、ルールを守って楽しむべきだと私たちは考えます」(小倉・神宮寺、23p)

「どんな人にも、この世でたったひとりだけの『運命の人』との出会いは用意されています。(中略)恋愛に常に真摯な態度で臨む人は、やがて付き合う相手の格が上がり、最終的には素晴らしい人とめぐり合うことになります。それまでの経験は、素晴らしい彼にめぐり合うための恋愛レッスンなのです」(浅野、95-96p)

「誰かを好きになって、その気持ちを打ち明ける。そのこと自体が素晴らしいのです。人を好きになると、ホルモンも活性化されます。恋する気持ちは、あなたが美しくなるためのビタミン剤、心にハリを持たせる美容液なのです」(浅野、99p)

浅野さんの著作では「恋愛とは本来、純粋なものです」(93p)という観点から、「たったひとりだけの『運命の人』」にめぐり合うことが夢に抱かれ、また人を好きになること自体の素晴らしさが説かれています。浅野さんの40代論ではこうした立場から、「いかなる理由があろうとも、不倫をやめなければ『幸せ』とは一生無縁になります」「どんなに幸せそうに振る舞っていても不倫をしている女性の瞳は、どこか悲しみを秘めています」(浅野裕子『40歳からの「迷わない」生き方』102-103p)として不倫が戒められています。

一方、小倉さんらの著作では、相手の家庭を侵さない、長く続けてはいけない、結婚を考えないというルールが守れる限りで、「それでしか享受できない」ものを手に入れるものとしての不倫が認められています(24-25p)。

ここで私が述べたいのは不倫の是非そのものではなく、不倫を前向きに捉える人にも、否定的に捉える人にも、双方に手が差し伸べられているという点です。私はこれらを見て、「年代本」の回で用いた「存在証明のツールとしての自己啓発書」という言葉を再び思い浮かべていました。つまり、女性向け「年齢本」とは、どのような恋愛(だけでなく仕事や結婚などに関する)状況に置かれている人に対しても、「自分らしさ」という原理――すべては「心」の問題であり、自らを受け入れ、責任をもつことさえできれば、幸せになることができる――のもとに、個々人の多様なあり方を肯定する存在証明ツールなのではないか、と。

さて、次回は30代論の分析に移りたいと思います。

----------

『28歳から「あなたの居場所」が見つかる本』
 高梨美雨/ソシム/2007年

『20歳を過ぎたら、ブスはあなたのせい』
 三浦天紗子/インフォバーン/2005年

『29歳でもっと素敵に生まれ変わる本』
 浅野裕子/三笠書房/2007年

『25歳からの“自分だけのHAPPY”をつかむ本』
 小倉若葉・神宮寺 愛/大和書房/2004年

----------

(牧野 智和=文)