イメージ写真

写真拡大

ソニーは2013年4月30日、非接触の無線通信技術NFC(Near Field Communication)に対応した、1TB(テラバイト)ハードディスク内蔵「パーソナルコンテンツステーション LLS-201」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は3万円前後とみられる。

専用アプリで一括管理、閲覧

NFC搭載のアンドロイドスマートフォンやタブレットを本機の「N」マーク部分にかざすだけで、スマートフォンやタブレットに保存されている写真や動画が手軽に「ワンタッチ」で取り込み保存できる。NFC非搭載でも、Wi-Fi経由やUSB端子、メモリーカードスロットからでも転送可能だ。

動画変換機能を搭載するので、保存された写真・動画はスマホやタブレットによりワイヤレスで視聴できる。HDMI出力端子も備えるので、テレビでも楽しめる。

ファイルは取り込みと同時に時系列で整理され、Wi-Fi接続したスマホやタブレットから、専用アプリでコンテンツの一括管理、閲覧のほか、フェイスブックやツイッター、写真/動画共有サイトなどへのアップロードが行える。

サイズは約幅172×高さ32×奥行き172ミリで、重量は約500グラム。