サイバーエージェント 取締役人事本部長 曽山哲人氏

写真拡大

年齢や職場でのポジションが変われば、学び方も変わる。自身でキャリアを切り拓いてきた3人に、行動につながる学習の秘訣を聞く。

■仕事で使える英語を学ぶ

【曽山哲人】私は上智大学文学部の英文科出身である。「英語はペラペラでしょう」とよくいわれるが、留学経験もないので話せるというレベルからはほど遠く、肩身が狭い思いをしてきた。そのコンプレックスを解消するため、本格的に勉強しようと思い立ったのは2007年のこと。当時の役職は人事本部長。わが社のグローバル展開も視野に入っており、英語に自信をつけておくことは意味があると考えた。

それまでも英会話スクールの門を何校も叩いていたが、いずれも挫折していた。原因は目標の曖昧さにあった。それを反省し、「TOEIC850点」という具体的な目標を立てた(大学時代のスコアは690点)。勉強の手段はやはり英会話スクールだったが、今度は「3カ月でTOEICのスコアを200点上げる」というコースがあるところを選んだ。これが正解だった。

ポイントが2つあった。1つは毎日英語に触れざるをえない大量の宿題が出されたことである。スクールに通うのは毎週土曜の2時間半のみだが、翌週にテストがあり、毎日10分でも聞いたり書いたりというトレーニングをしないと点数が取れない。

もう1つは、成果に直結する勉強法を学べたこと。たとえば、単語カードをつくるのはビジネスマンが最もやってはいけないことだという。制限時間を決めて3回単語帳に目を通し、それでも覚えられない単語だけを書き出せといったアドバイスが役立った。仕事も忙しかったので大変だったが、週に何回か英語の日と決めて帰り道のカフェで宿題を終わらせるといった工夫で乗り切った。その結果、825点にまで伸ばすことができた。

思うに、なかなか英語力が上がらない人は、学習と学習の間の時間を空けすぎなのだ。目標を明確にして短期集中で、毎日英語に接すること。これに尽きる。

■マネジメントスキルを上げる

ある意思表明をすることや、自身で仕事上の判断をすることによって得られる果実を「決断経験値」と呼んでいる。その値が高いほど若手でも抜擢されるわけだが、そのために役立つのが読書である。

私は毎月10冊以上のビジネス書に目を通している。決断の質を上げるには日頃から自分自身の考えを明確にし、行動の選択肢を増やしておくことだ。それには、特に経営者が書いた本が役立つ。自分の経験に基づいて判断をしているとどうしてもワンパターンになるが、本を読ば「こういう場面でこんな決断を下すのか」と気づかされるとともに、イメージトレーニングもできるからだ。

私の読み方には3つのルールがある。1つは最初から全部を読まないこと。全体をざっと斜め読みし、おもしろそうな個所があったらそのまま読み込み、場合によっては線を引く。1時間経ったらやめ、精読に値するかを判断する。YESだったら何時間かけても読み進み、NOなら誰かにあげてしまう。管理職はただでさえ忙しい。本に呑まれず、自分の可処分時間を常に意識すべきだ。

2つめは読んだ本の感想をブログに書くこと。文字にすることで内容を血肉化できる。最後は本に書かれている内容を1つだけ真似すること。ある経営者が「捨てることメモ」をつくっていると書いていたら自分もつくってみるというように、1冊から1つの行動を生むことを心がけている。本は知識を得るためではなく、行動と決断の質を上げるために読むのである。

とはいえ、本だけに頼ると頭でっかちになりがちだ。そこで重要なのが人から学ぶことだ。それも自分よりポジションか経験が上の人がいい。私の場合は社外にも尊敬できる先輩が何名かいて、時にはダメ出しもしてくれる。とはいえまずは同じ会社の他部署の先輩をお勧めしたい。面識がない場合でも、「○○さんの仕事術が知りたいので、ぜひご一緒させてください」とランチに誘えばほぼ叶うはずだ。

※すべて雑誌掲載当時

----------

サイバーエージェント 取締役人事本部長 曽山哲人
1974年、神奈川県生まれ。上智大学文学部卒業後、伊勢丹を経て、99年サイバーエージェントに入社し、2005年同社人事本部長就任。08年より現職。著書は『サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方』。

----------

(荻野進介=構成 尾関裕二=撮影)