ウェザーニューズ、津波の接近や到達を視覚化して発信するアプリを提供

写真拡大

ウェザーニューズは、地震や津波の発生時など、サイトへのアクセスが集中する際でも迅速に情報を提供するコミュニティー「地震津波の会」を発足。

スマートフォン向けAndroidアプリにて提供している。

価格は年額3,110円。

「地震津波の会」は、「どんな時でも迅速に必要な情報へアクセスできる」ことを目的としたコミュニティーで、地震、津波時においての情報伝達のあり方、そして必要な情報を伝えるためのインフラとは何かを、会員とともに考えために発足したという。

今回提供を開始したアプリでは、「緊急地震速報の通知機能」にくわえ、アクセスが集中しても情報が確認できる「地震情報」と「津波情報」を採用。

また、津波が発生した際、その津波を2秒ごとに観測し接近や到達を視覚化する「津波レーダー情報」を提供する。

さらに、大きな地震や津波が発生したと想定し、接続確認や動作確認をする「減災訓練」を定期的に開催し、災害発生時でもつながるインフラを構築していくとのこと。

なお、iPhone版は近日リリース予定。

非常時には、携帯キャリアのネットワークが制限されることが考えられるため、WiFiでの接続を推奨している。

詳細は、同社公式ホームページを参照のこと。