壁紙を変えてリラックス&リフレッシュ! 「色」が生活にもたらす影響

写真拡大

部屋は、1日の疲れを癒やす安らぎの場所、そして翌日へのパワーを養う大切な空間です。

だからこそ、内装には心地よい色使いを考えたいもの。

特に、お部屋で過ごしている間、常に私たちを包み込んで影響を与える「壁紙」の色には気を遣いましょう。

その時々の身体や精神の状況によって、自分に合う色彩は異なるものですが、今のあなたには、一体どんな色が合うのでしょうか?■色の生理的効果お部屋の「壁紙」の色ひとつで、「体感温度」がずいぶん変わります。

・「冷え」を感じやすい方は……。

暖かみを感じる暖色系が良いでしょう。

但し、「赤」を選ぶ場合は、配慮が必要です。

「赤」は交感神経を高める色ではありますが、壁紙全体が赤色では強すぎると感じることもありますので、壁紙には「ピンク」や「オレンジ」系を用いるのがおすすめです。

刺激の強すぎない暖かみのある空間が生まれます。

・暑がりの方に暑さを感じやすい人は、冷たさを感じる寒色系を選んでみましょう。

“寒色”というと真っ先に「青」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、「青」は副交感神経に働きかける効果があるものの、真っ青な空間では冷え過ぎてしまいバランスを崩してしまうことも。

やわらかい水色系で涼しさを演出するとよいでしょう。

■「安心感」を得たい場合動物によく見られる「保護色」がおすすめ。

周囲にとけ込むことで外敵から身を守る色です。

この「保護色」は人間にも応用ができます。

実際に身を守るわけではありませんが、人間にとっては「守られている」という安心感を得られる色だといえます。

中でも「ベージュ」は、人の肌色に最も近い色。

本能的に安心感を得やすいので、気持ちに安らぎを得たい人は「ベージュ」を選択してみてください。

■「明るい空間」にしたい場合人が明るさを感じる色といえば、「白」や「黄色」が挙げられます。

これらの色を「壁紙」に取り入れることで空間が明るくなります。

但し「白」は、インテリアも含めて色みがなく、真っ白な状態となると、明る過ぎて目が休まらなくなることがあるので注意が必要。

また、標識などで見られるように、「黄色」は注意を喚起する色でもありますから、全面に強い「黄色」を用いると刺激が強すぎる場合も。

どちらも用いる場合は、バランスに気をつけましょう。

■どんなイメージに仕上げたいか?理論的なことも大切ですが、自分の気持ちが「心地よい」と思える色を選ぶ方が良いケースも。

「どんな色がいいかな?」という問いかけは、「どんなイメージがいいかな?」「どんな自分で過ごしたいかな?」ということにも連動しています。

ご自身のなりたい姿や今の自分のイメージに重なる色を選んでみるのも方法の一つです。

例えば、以下のような「色」と「イメージ」の組み合わせが挙げられます。

●「黄色」……「希望」や「ひまわり」の元気さをイメージさせる色。

もっと光に目を向けて進んでいきたいあなたにぴったり。

●「緑」……「植物」や「草原」をイメージさせる色。

自然体でリラックスして過ごしたいあなたへ。

●「紫」……「高貴さ」や「神秘さ」をイメージさせる色。

現実的な世界から少し距離を置きたい人に向いています。

●「グレー」……「シャープな格好良さ」をイメージさせる色。

大人っぽさを演出したい人は取り入れてみて。

■バランスよく色と付き合って人間は植物と同様、本来自然光を取り入れてバランスをとる生き物です。

そして、自然光にはすべての色が含まれています。

そのため、いくら気にいっているとはいえ、長い期間1色だけにこだわって取り入れすぎると、バランスを崩しかねません。

色には意味と働きがあります。

それぞれの色の特長を上手く活かして、今の「なりたいあなた」や「足りないあなた」にプラスしていくように心掛けてみてください。

上手に「色」を生活に取り入れることができるでしょう。

お部屋を彩る壁紙を上手に使って、心地よい空間で過ごせるといいですね。

きっと日々の生活が、もっとあなたの理想に近づくことでしょう。

(文・荒岡 真由美)執筆者プロフィール荒岡 真由美(Color Presents/ADVANCEカラーセラピー本部 代表)個人的なカラーカウンセリングをはじめ、企業研修、イベント、各種団体での活動を行う中で実用性の高いアドバンスカラーセラピーを開発。

全国のアドバンスカラーセラピストティーチャー、資格取得生と共にカラーセラピーの普及とカラーセラピスト育成に努めている。

http://www.color-presents.com