インターネット上で食品宅配サービスを提供する「楽天マート」は2013年3月11日から、宅配対応エリアを東京、神奈川、千葉、埼玉の71区・市に拡大した。

12年7月から宅配サービスを開始した楽天マートのサービスエリアは、当初は都内4区のみだったが、配送拠点を整備することで今回大幅なエリア拡大にこぎつけた。楽天マートは「今後も大都市圏を中心に宅配エリア拡大を検討したい」としている。

9月末まで入会金・月会費が無料

楽天マートは、ネットや電話を通して生鮮食品や一般食品、日用品だけでなく、楽天市場の人気グルメなども購入できる宅配サービス。自然派食品や4分の1カットの野菜をそろえたり、有名店とのコラボ商品を提供したりするなどさまざな企画に取り組み、遠くまで買い物に行けないシニア層や育児中の母親、多忙な会社員などを中心にユーザーを増やしている。

入会金1050円、月会費210円だが、13年9月末までのキャンペーン期間中はいずれも無料。なお、商品の送料は315円(3000円以上購入の際は無料)。

今回のサービスエリアの拡大で3月11日から宅配エリアとなった71区・市の詳細は、「楽天マート」サイトで確認できる。例えば東京(23区、20市)では、杉並区や世田谷区、多摩市など。