ホンダ、「CBR600RR」をモデルチェンジしてスペシャルカラーを期間限定発売

写真拡大

本田技研工業は12日、スーパースポーツモデル「CBR600RR」をモデルチェンジしたほか、「Repsol Honda Team」カラーを採用した「CBR600RR Special Edition」を受注期間限定で発売すると発表した。

いずれも発売日は22日で、Special Editionの受注期間は3月12日から4月7日まで。

CBR600RRは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒600ccエンジンを搭載したスーパースポーツモデル。

今回のモデルチェンジでは、空力特性に優れた新設計のフルカウルを採用したほか、ブレーキング時の安定性と乗り心地の向上を図ったビッグ・ピストン・フロントフォーク、前・後ホイールに12本スポークのアルミキャストホイールを採用している。

カラーは「ロスホワイト」と「グラファイトブラック」の2色を展開。

CBR600RR Special Editionは、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPクラスに出場しているRepsol Honda Teamのカラーを施したモデルで、Repsol Honda Teamのスポンサーステッカーを車両本体に同梱している。

なお、CBR600RRとCBR600RR Special Editionの双方に、電子制御式”コンバインドABS”を搭載したABS仕様車もタイプ設定している。

価格は、CBR600RRが109万8,300円から129万7,800円、Special Editionが119万2,800円から136万800円。