飛距離が魅力、韓国の22歳、朴銀信

写真拡大

 ヨネックスは、2011年のJGTOファイナルQTで2位に入り2012年から日本ツアーに参戦している朴銀信(パク・ウンシン)とシャフトを含めた用具使用契約を締結した。朴は14日(木)から開幕する「タイランドオープン」から同社製品を使用してツアーを戦う。
2013年シーズン各ツアースケジュール
 朴は2012年は16試合に出場。「ダイヤモンドカップゴルフ」で9位タイ、「サンクロレラ・クラシック」で8位タイに入る活躍で賞金ランキング64位に入り今季のシード権を獲得。平均飛距離292.63ヤードと国内男子ツアーで8位に入るドライバーショットが持ち味で将来を期待されるプレーヤーの1人だ。
 今回の契約について朴は「ヨネックスはサポート体制が良いと感じており、自分も日本で戦うならヨネックスのクラブ・ウェアで戦いたいと思っていました。i-EZONE TXドライバーとレクシスNPシャフトの組み合わせは、しっかり振っても吹け上がらず、ボールの方へ力が伝わって伸びていきます。飛距離もコントロール性も十分満足です。こんなに一発でクラブ調整してくれたことに正直驚いています。今年の目標はまず日本ツアーで1勝。そして全英オープン出場です。ヨネックス契約選手として恥じないよう早く結果を出せるように頑張ります。」と語った。
 ヨネックスは今後もトッププロの要望に応えるクラブ及びシャフト開発を推し進め、契約選手への前面的なパックアップを行っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
AKB山内鈴蘭の秘蔵写真満載!