京都府・東映太秦映画村で、ドラゴンボールZのかめはめ波に挑戦!

写真拡大

京都府の映画をテーマにしたアミューズメントゾーン「東映太秦映画村」で、映画「DRAGONBALL Z 神と神」の公開記念イベント「ドラゴンボールZまつり」が開催される。

開催期間は3月16日〜9月8日まで。

会場はパディオス1階イベントスペース。

同イベントでは、「かめはめ波」が撃てるインタラクティブ映像コーナー、超サイヤ人クイズ、ボールプールなどの体験イベントや、同作品の主人公である悟空のバトル史を一望できるアーカイブの展示が行われる。

そのほか、「映画村でDSドラゴンボールZ いでよ! 神龍」と題して、任天堂3DSを持って参加し、7つのドラゴンボールを集めるとステッカーがもらえるイベントも開催。

更に3月29日には、お気に入りのドラゴンボールキャラクターのふん装をし、入り口で合い言葉を叫ぶと入村料が1,000円となる企画も用意。

なお、キャラクターのふん装をした来場者に同伴した家族にも、同様の割引が適用される。

合い言葉は、映画村ホームページで告知されるとのこと。

同園の入村料は、大人2,200円、高中生1,300円、小人(3歳以上)1,100円。

開園時間は、3月〜11月は9:00〜17:00(3月〜9月の土日祝と8月は9:00〜18:00)。

入場は終了1時間前までとなる。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013ドラゴンボールZ」製作委員会