円安で逆風でも「他社動向を鑑み」…ニトリ、総合職社員月給を2.31%引上げ

写真拡大

ニトリホールディングスは11日、2013年春季労使交渉において、総合職社員の月例給を引き上げることで労使交渉が妥結したと発表した。

同社は、総合職社員3,085人(平均年齢30.2歳)の月給について、1人平均前年比2.31%、金額で7,159円(定期昇給5,051円、ベースアップ2,108円)の引き上げを決定。

また、その他社員およびパート・アルバイト社員の賃金についても引き上げるという。

同社は海外品輸入が主体のため、現在の円安基調は逆風となっているが、「政府の賃金引き上げ要請と他社動向を鑑み」今回の給与引き上げを決定したとしている。