幼稚園・保育園で栽培した材料をわけあい”大福”を作る食育プロジェクト実施

写真拡大

プロジェクトプロデュースを行っている、シンク・コミュニケーションズは、幼稚園・保育園を対象とした食育プロジェクト「Uee Farmしあわせの大福プロジェクト2013」に参加する幼稚園・保育園の募集をスタートさせた。

同プロジェクトは、同社が行う”週末ファーマー”のためのソーシャルネットワーキングサービスである楽農コミュニティー「Uee Farm(ゆいファーム)」の事業として行うもの。

昨年は、北海道から沖縄まで10の幼稚園・保育園が参加した。

大福の材料であるモチ皮(もち米)、あんこ(小豆)、砂糖(サトウキビ)、塩(海水)のどれかひとつを分担して各幼稚園・保育園で栽培。

その様子を同サイトで報告し合い、それぞれの材料を複数の園で交換し、手作りの大福を作る。

参加は無料(材料代、送料は各自負担)。

申し込みは、募集告知サイトで行っている(5月31日締め切り)。

なお、砂糖、塩に関しては参加申し込み締め切りに関係なく、随時参加を受け付けるとのこと。