●?

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©IF・DF/「AMNESIA」製作委員会

TVアニメ「AMNESIA」がAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
主人公:名塚佳織
シン:柿原徹也
イッキ:谷山紀章
ケント:石田彰
トーマ:日野聡
ウキョウ:宮田幸季
オリオン:五十嵐裕美
サワ:森谷里美
ミネ:阿久津加菜
リカ:吉田聖子
ワカ:高橋英則

●ストーリー
8月1日――
見知らぬカフェで意識を取り戻した主人公は、突如として8月1日以前の記憶をすべて失ってしまっていた……
ここはどこで、何をしていたのか。自分は何者で、どのような人生を送ってきたのか。

戸惑う主人公の前に現れたのは、自身を『精霊』と名乗るオリオンという少年だった。
オリオンの導きにより、主人公は記憶喪失を悟られぬよう手探りで行動することとなる。

次第に浮かび上がる周囲の人間関係――
名前も顔も知らない“幼馴染”や“先輩”、そして“恋人”との出会い。
記憶のない主人公は、彼らの想いを痛切に感じつつも、それに応えることができずにいた……

時折よみがえる過去の記憶の欠片、そして突然訪れる危機――
物語は、彼女を巻き込み複雑に絡み合っていく。

取り戻した記憶の先にある『答え』とは――
●鍵付きの日記帳
漸く自宅のマンションへ戻って来た主人公。鍵付きの日記帳をヘアピンで開けようとします。

主人公「あ、開いた。」

7月31日の日記に書かれていたのは、トーマへ告白しようとする件、そして妹からの脱却。

※どうやら主人公とトーマは幼馴染だったようです。

そこにやってきたのは怒りに満ちた瞳のトーマ。

トーマ「外に出ては危ないとあれほど言っただろ!」

トーマはそのまま主人公を抱き締めキスをしようとしますが、そのときに日記帳が床に落ちます。

トーマ「何それ?」
主人公「私の日記帳。読んで。」


その日記帳には幼き日からつい最近までの主人公とトーマの良き思い出が書かれています。但し、トーマは彼女を妹のように見ていたけれど本当は恋人として見て欲しい。それを知らなかったトーマ、その記憶を忘れていた主人公。

主人公「今までトーマがしてくれた事、全部私の事大切に思ってくれたってわかった。」
トーマ「今さら遅すぎるけど言わせて欲しい。俺、お前が好きだ。」

●謝罪
翌日、主人公は転倒したさいの怪我の治療のため入院します。そこにやってきたのはイッキとリカ、そして主人公の髪を切った3人の女性。

イッキ「本当に申し訳ない。嫌な思いさせちゃったみたいだね。」
リカ「私の監督不行き届きです。この子達があんな過激な行動をとるなんて。」


これで全てが無事解決したかに見えましたが…。
●再び8月1日に
主人公が病院で眠っていると、ウキョウが彼女を病院の屋上へ連れ出します。

ウキョウ「月のきれいな夜だ。良かったな、最期に見たのがこんな素敵な夜景で。馬鹿だなお前、だけど愛してたよ、お前の事。」
主人公「トーマ?」
ウキョウ「違う、俺は…。」


その刹那、主人公はビルの屋上から落とされてしまいます。

そして目覚めたのは8月1日の朝。どうやら再び別の世界にきたようです。
●ウキョウに出会う!
主人公の傍にはオリオンがいます。彼は主人公の状況を全て把握しているらしいのですが…。

カレンダーを見ると、「冥土の羊」のアルバイトの日や大学へ行く日等が書かれています。とりあえず、状況が分からない主人公は大学へ行ってみる事にします。

強風で帽子を飛ばされた主人公。その帽子を拾ったのは、ウキョウ!

ウキョウ「会えて良かった。」
オリオン「あいつ、危険だよ!」
ウキョウ「もしかして、またあいつが!」

ウキョウの話には不自然な点がありますが、一先ずその場を立ち去る主人公。大学は危険というウキョウの話の意味は不明ながらも「冥土の羊」へ向かう事にします。
●ウキョウの行動
主人公「お、おはよう。」
サワ「心配したよ!」
主人公「何?」
サワ「知らないの?さっき大学の実験棟で爆発事故があったんだって!」


その後、冥土の羊にも来店したウキョウ。どうやらウキョウの言葉は真実だったようです。但し、彼の行動には一貫性が無いようにも見えます。それは何故でしょうか?

帰り道、主人公の頭上の工事現場から鉄骨が落ちてくるもウキョウが救います。

ウキョウ「良かった、間に会った!」

確かに彼は主人公を救ってくれたのは事実ですが、その後、常に主人公の背後から見守るようになります。しかも、何故か危険な場所を予知しているようですが…。

それから1週間、ウキョウの忠告は全て的中。

ウキョウ「やっぱりこの世界では彼女が…。」
●災厄
主人公とウキョウはとある道にある階段の頂上にいます。

ウキョウ「君と僕はこの道を何度も手を繋いで歩いたんだ。覚えて無いんだね。」

彼は彼女の記憶喪失の事も分かっているようです。しかし彼女は彼から避ける為に人通りの少ない線路の遮断機を通り抜けようとしますが…。ハイヒールが線路に挟まってしまいます。それを救ったのもウキョウ。

ウキョウ「俺の予測が正しければ、この世界は君を殺そうとしている!」

どうやら8月25日まで様々な災いが主人公に襲いかかるようでうです。そしてウキョウは主人公の恋人という事のようです。

「AMNESIA」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「AMNESIA」第9話「檻の中」(ネタばれ注意)
【アニメ】「AMNESIA」第8話「狙われる主人公」(ネタばれ注意)
【アニメ】「AMNESIA」第7話「ケント流交際術!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「AMNESIA」第6話「イッキの秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「AMNESIA」第5話「知らない世界」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「AMNESIA」TVアニメ公式Webサイト
「AMNESIA」AT-X公式Webサイト