【文房具】切れ味抜群の1本に会いたい! 使いやすさにこだわった便利な″カッター″たち

写真拡大

一家に1つは必ずある文具といえば、ペン、ハサミ、テープ、のりにカッター。定規やホッチキス(ステープラー)も常備しているという場合も多いかもしれません。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

その中でも、意外と取り扱いが難しい文具と言えば、カッターではないでしょうか。何といっても、鋭利な刃物が直接出てきたり、力の入れ具合によっては、紙が必要以上に切れてしまったり、下敷きを敷かないと机を傷つけてしまったりと、得意不得意が分かれる文房具。

老若男女関係なく、気軽に使えるというよりは、ちょっと技と注意力が必要だったりしますね。
でも、そこは文具業界の方々の研究と努力の結果、とても使いやすいカッターがたくさん生まれているようなんです。

今回は、そんなカッターについて、注目してみたいと思います!

■■なんと、刃を折って使う方式は日本発のアイデアだった!

刃物なのに研がなくていい唯一の刃物。それがカッター。包丁やハサミなどは、切れ味が悪くなってきたら、研ぐのは当たり前。でも、カッターは、ダメになった刃を折ってしまえばいい。この方式、今や、当たり前ですが、考えてみれば、とても画期的ですよね。しかも、世界基準になっている刃を折って使う「折る刃方式」のカッター、実は、大阪の会社「オルファ」がオリジナルに考案したアイデアなのだそう。つまり、カッターの刃を折って使うという発想は、日本発ということなんです。

そんなオルファの国内における市場シェアは50%ほどで、カッターナイフ専業メーカーはオルファのほかに1社しかなく、あとは工具メーカーや文具メーカーがそれぞれ製造しているというのが、国内のカッター業界事情なのだそう。

■■用途によって使い分ける

「カッター」とひとことで言っても、その用途はさまざま。薄い紙を切りたい場合、厚紙を切りたい場合などの切るものによって、また、使う人によっても、使いやすいものはそれぞれですね。今回は、用途によって、是非使い分けていきたいカッターの数々をご紹介します!毎年新製品を発表し、約100種類もあると言われているオルファのカッターの中からもいくつかラインナップしてみました。


●薄い新聞から厚紙まで切れる「キリヌーク」

本体に内蔵されたバネが刃先にかかる圧力を一定に保ち、力加減に左右されない安定したカッティングができます。薄い新聞から厚い雑誌の切り抜きまでに対応!万能カッターですね。

●最大6枚まで替刃を本体に内蔵できる連発式 「OLFA MZ-AL型(連発式)」


こちらもオルファのカッター。なんと、最大6枚までの替え刃を内蔵できるので、お仕事などで、いつもカッターを使う人には、替え刃の手間が省けます。
「連発式」という名前にも、ちょっとしびれます。

●円形にカットできる! 
コンパスカッター OLFA コンパスカッター

コンパスを使う要領で、紙やビニール・フィルムなどを、直径1〜15cmまでの円形にカットできます。
円形にくり抜くのが苦手な人にはもってこいですね。




●ミシン目を入れることができる! 
「OLFA ミシン目ロータリー」

必要な時に切り離すことができるミシン目を入れることができるカッター。カッターといっても、紙を切ったり、切り抜いたりするだけではないんですね。チケットなどを自作するときに役立ちそう。

●1枚だけ切れるカッター 「ミドリ 一枚切りカッターII」

ペンを持つように持ちやすく、重なった紙を切っても、一番上だけ切れるという優れもの!雑誌の切り抜きをしたいときに活躍してくれますね。

●刃が手に触れない、下敷きなしでOK、
子どももOKな安全 「スコッチ ペーパーカッター」

刃の部分がカバーされていて、手に触れないので、子どもでも安心して使えるカッター。紙に差し込み、押すだけでスイスイ切れるんです。
デスクマットなど下敷きが不要というところもお手軽で嬉しい!

●ノック式の精密カッター 
「X-ACTO エグザクトノック式カッター」

アメリカのブランドX-ACTO(エグザクト)のペンタイプ精密カッター。シャープペンシルのようにノックすることにより、ナイフの先が出てくるので、片手でラクラク出し入れすることができます。航空会社の整備士やデザイナーの方々が使用している本格派なのだそうです。スタイリッシュですね!

●さびない クラフトカッター 
「slice セラミック精密カッター」

カルフォルニアの刃物ブランド・slice(スライス)の、複雑な形や細かい箇所を切る時に便利なカッター。
刃はセラミックで出来ているので、決して錆びることはなく、長持ちするのだそう。刃も2ミリ程度しか出ていないので、安全です!ズボラでも、錆びさせないのがいいですね。



この他にも、紙だけでなく、布や板など、「切るもの」に応じたカッター、そして、子どもからその道のプロの方が使用するものまで、形状や大きさなど、さまざまな種類が発売されています。

先にご紹介した、日本が世界に誇るカッターの企業、オルファだけでも、今までに200程のアイテムが発表されているとのことで、「切る」という動作に対して、とてもバリエーションの豊かな文具なんですね。そんな訳で、本当に突き詰めれば、切れ味や持った感覚など、自分にピッタリ合ったカッターが見つかるかも。

調べれば調べるほど、カッターの世界もやはり奥が深いのでありました!

関連リサーチ実施中!
ウレぴあ総研・文具リサーチ【ペン編】! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12644 ]
ウレぴあ総研・文具リサーチ【仕事編】! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12645 ]
ウレぴあ総研・文具リサーチ【携帯編】! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12646 ]
ウレぴあ総研・文具リサーチ【デザイン・機能編】! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12647 ]


こちらのレポートもどうぞ!
【文房具】職場もホッと和む! おいしそうなメモと付箋たち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12183 ]
【文具】どうしてこうなった!? 完全に方向を見失った、愛しき「駄文具」の世界 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12303 ]
今年は、昭和なら88年! かわいい「懐かし文房具」もう一度集めてみました [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11870 ]
文具ファン&メーカーが選んだ!『文具祭り』で発見した最新イチオシ文具22まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11113 ]
【文房具】机にちょこんとおじゃま。目立つし可愛い「どうぶつ伝言メモ」たち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12238 ]