3つの「長さ」で上達

写真拡大

ヨネックスは2013年3月中旬、ジュニア専用ソフトテニスラケット「ACEGATE(エースゲート)」3タイプを発売する。

全長59センチの「ACEGATE 59」、63センチの「ACEGATE 63」、66センチの「ACEGATE 66」の3種類。

「高反発」持続する「マッスルパワーフレーム」も

身長や年齢に合わせて、それぞれラケットを握ったとき、地面に当たらない長さに設計された。それぞれ「59」が5〜6歳(身長110〜120センチ)、「63」が7〜8歳(120〜130センチ)、「66」が9〜10歳(130〜140センチ)を対象としている。

コンセプトはそれぞれ、「59」が「ソフトテニスで遊ぶ」、「63」が「ソフトテニスを楽しむ」、「66」が「試合に挑む」となっている。使用する素材はコンセプトに応じて異なり、「59」が、耐久性を重視したアルミニウム製。「63」「66」が、軽量・反発性を重視したカーボン製だ。

いずれにも打球面がわかりやすい「プレーシフトグリップ」が搭載されている。また「63」「66」には、高反発を持続する「マッスルパワーフレーム」と、空気抵抗を抑える「ニューエアロダイナミック形状」が採り入れられている。

価格は、「59」が4725円、「63」が6300円、「66」が7350円。