また目が合った…彼は私のことが好き?それとも嫌い? 見極める方法とは

写真拡大

好きな人をジッと見つめると恋愛心理に効果的だという話があります。

ですが、その本意を見極めるのは意外と難しいもの。

「私のことが好きなのかしら」「それとも、たまたま目が合っただけかな」と、悩んでしまう人も多いでしょう。

好意を寄せている見つめ方と、何でもない視線を見分けるポイントはどこでしょうか。

■じっと見つめられている場合には、あなたに好意を持っている可能性大男性が女性のことをじっと見つめている場合。

これは、あなたに間違いなく興味があるということです。

この手の男性は、女性をじっと見つめられるだけ自分に自信があるということです。

無意識にでもその女性を支配したいという気持ちが視線に出ているので、お付き合いをすると束縛される可能性が高いとも言えるでしょう。

女性が男性のことをじっと見ている場合には、そこまで強い気持ちが隠れているわけではありません。

ただその男性と仲良くしたい、興味があるという程度でしょう。

しかし、基本的には、男性も女性も嫌いな人のことをじっと見つめることはほぼありません。

ですから、友情以上の気持ちがそこにはあるということです。

■目が合うと視線を外してしまう相手は、あなたに対して好意があるが、その気持ちを隠しておきたいと思っているついあなたのことを見かけるとじっと見つめてしまうけど、目線が合った瞬間、見ていたことがバレるのが恥ずかしくて、顔を伏せてしまう。

これは、間違いなくあなたのことを意識しているということでしょう。

告白したいけれど勇気がない、告白しようか迷っているというような人は、このような態度をとりがちです。

■キョロキョロしている人は、あなたといることに緊張しています一緒にいるときに、常にキョロキョロとしていて視線を定めない人もいます。

一見して、落ち着きがないタイプに見えますが、こういった人は自分に自信がないため「この人と自分が一緒にいていいのだろうか」「どうしたら機嫌を損ねないで、いい印象を与えられるのだろうか」とドキマギしているのです。

慣れてきたら自然な態度になることもありますが、緊張しがちな人、異性と一緒にいることに慣れていない人はこうなりがちです。

こういう態度をとる人は、あなたがリードするくらいでちょうどいいようなタイプの男性です。

気になった場合には、自分からアプローチしてみてもいいでしょう。

■話しているときに右や左に視線を外す人は、あなたに興味がない相手に全く興味がない人は、目線を合わせてみるとよくわかります。

あなたから視線を合わせてみたときに、視線を右や左の方向にふいっとそらすようなしぐさをする人は、あなたに対して関心がない、若しくはあなたと話をしたくないと考えているのかもしれません。

場合によっては、あなたのことを怖がっているだけかも。

相手の気持ちをほぐしていけば、仲良くなることができるかもしれません。