ヤマハ、950ccの新型クルーザー「BOLT」を北米市場で4月下旬に発売

写真拡大

ヤマハは11日、950ccの空冷V型2気筒エンジンをスリム&コンパクトな車体に搭載した新型クルーザー「BOLT」(ボルト)を、4月下旬に北米市場で発売すると発表した。

BOLTは、北米市場の二輪車総需要約50万台の約半分を占める「クルーザー」カテゴリーに投入する、次世代のアンダー1,000ccクルーザーを担うモデル。

同社の新中期経営計画にある”先進国・二輪車事業におけるラインナップ充実”を具現化する、2013年発表の新製品第1弾となる。

主な特徴は、既存モデル「XVS950A」をベースに、吸排気系とFIのセッティングなどを一新したエンジンと、新設計フレームによるスリム&コンパクトな車体を融合し、都市部における低速域からの優れた加速性と軽快な走りを実現したとのこと。

また、塊感がある力強いスタイルに、細部にわたる金属の素材感を醸し出す仕上げを施し、シンプルなレイアウトの中に力強さを表現している。

4月下旬発売の標準仕様のほか、専用タンクグラフィックやリザーバータンク付きリアサスペンション、バックスキン調表皮シートを装備した、よりスポーティなイメージの「Rスペック」を7月下旬に発売する予定。

価格は、標準仕様が7,990USドル、Rスペックが8,290USドル。