スマホアクセサリーを扱う「UNiCASEコレド日本橋」(店内イメージ)

写真拡大

ブランド・ティファニーとコラボした1298万円の携帯電話が目の前に――ルートワン・パワー(東京・渋谷区)が運営するスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE(ユニケース) コレド日本橋」は、2013年3月14日のオープンを記念して「823SH Tiffanyモデル」を店内に展示する。期間は、24日までの10日間。

「ユニークで厳選した」スマホアクセサリーが豊富に

同製品は2008年にソフトバンクの孫正義社長が女優・上戸彩さんと樋口可南子さんにプレゼントしたことで話題になったもので、プラチナ製パネルにダイヤモンド537個(18.34カラット)が散りばめられている。お値段1298万円。

これを展示する「UNiCASEコレド日本橋」は、ユニークで厳選したスマートフォンアクセサリーなどを豊富に取りそろえ、「面白い」「オリジナル」「かわいい」「トレンド」「便利」といった製品を扱うのがコンセプトの店舗だ。国内400社のメーカーと提携しており、スマートフォンケースや各種グッズ、周辺機器を8000種類から選べる。店内ではスマートフォンに詳しいスタッフが接客を担当し、端末の説明からアプリの紹介まで、訪れた人の要望に合わせた提案をする。