36%の女性が、プレゼントを断る時に使う言い訳【女性の本音と建前】

写真拡大

突然男性からプレゼントを貰ったら驚きますよね。

恋人や好きな人からだったら嬉しい驚きですが、付き合う気のない男性からの場合、貰うべきか悩む人も多いはず。

そんなとき、上手に断るために女性はどんな言い訳を使うのでしょうか。

マイナビニュース会員の女性550名に女性心理をうかがいました。

Q.付き合う気のない男性から、プレゼントされそうになったとき、断るために使う言葉は?(複数回答)1位 こんな高価なものいただけません 36.0% 2位 なにもお返しできないので 29.9% 3位 恋人に怒られるので 19.1% 4位 プレゼントは受け取らないことにしているので 12.9% 5位 使わないので 10.2% ■こんな高価なものいただけません・「断られても高価と持ち上げておけば悪い気はしないかなと」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職) ・「”そんなことしてもらったら悪いですよ〜”的に相手を気遣うふりして、私は貴方からプレゼントを貰う関係ではない事をアピール」(29歳/その他) ・「もったいないから大切な人にあげた方がいいと伝えて断れる」(26歳/小売店/販売職・サービス系) ■番外編:「察してください」という言葉が秘められている・お気持ちだけいただきます「勘のいい人なら言いたいことが分かるはず」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職) ・なにもお返しできないので「その気がないことをアピールできるよい言葉だと思う」(32歳/建設・土木/技術職) ・使わないので「使わない=あなたからのプレゼントは使わないと気づかせる作戦」(27歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職) 付き合う気のない男性からプレゼントされそうになったとき、断るための言い訳・建前の第1位は「こんな高価なものいただけません」でした。

相手を立てつつ断れることから、この言い訳を使う女性が多いようです。

ただし、この言い訳が失敗したというコメントも多数。

なかには、受け取ってしまったプレゼントに困り質屋にいれた、というコメントもみられました。

プレゼントのときは女性の気持ちを察して、素直にひいてあげると逆に好感度がアップするかもしれませんよ。

調査時期:2013年2月23日〜2013年2月28日 調査対象:マイナビニュース会員 調査数:女性550名 調査方法:インターネットログイン式アンケート