GINZA TANAKAが、メッシ選手の「黄金の左足」を再現した純金像を販売

写真拡大

GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー)は3月7日から6月6日まで、プロ・サッカーのリオネル・メッシ選手の利き足である黄金の左足を純金で製作した「The Golden Foot(ザ・ゴールデンフット)」を含む全3種を数量・期間限定で販売する。

メッシ選手は昨年、史上最多の91ゴールを達成、史上初の4年連続バロンドール賞を授与されたサッカー選手。

同商品は、数多くのゴールを演出した、メッシ選手の利き足である”黄金の左足”を、文字通り純金で再現したもの。

メッシ選手本人の左足から原型を取り、足首より下を純金約25kgで製作、血管までもが確認できる”黄金の左足”となっている。

この純金の像を、日本円で4億8650万円、米ドルで525万ドルにて販売する。

また、同選手の左足の足型を、純金約300gのプレートに取った「The Golden Foot Plate(ザ・ゴールデンフット・プレート)」を50個限定で、日本円で875万円又は米ドルで94,500ドルにて販売する。

足型の隣には、メッシ選手のサインを彫刻している。

「The Golden Foot」を1/2のサイズにしたミニチュア版の「The Golden Foot Mini(ザ・ゴールデンフット・ミニ)」には純金約100gを使用し、日本円で389万円又は米ドルで42,000ドルにて、限定100個を販売する。

メッシ選手は、一人でも多くの恵まれない子供たちの夢をかなえたいという強い思いから、2007年に家族とともにレオ・メッシ財団を設立し国内外の団体と協力。

子供たちのための教育施設やスポーツ施設の設立、その他様々な慈善活動への参加といった活動を行っている。

同商品は、同財団の協力を得て実現に至ったもので、売り上げの一部は、「日本の子供たちに笑顔をもたらす事業」へ、同財団を通じて寄附される予定となっている。

販売は、GINZA TANAKAの全国8店舗(銀座本店、新宿店、ホテル椿山荘東京店、横浜元町店、仙台店、名古屋店、心斎橋店、福岡天神店)、GINZA TANAKA オンラインショップ(一部商品のみの取り扱い)、The Golden Footスペシャルサイトにて。

なお、商品価格(日本円)は、3月1日に三菱東京UFJ銀行が発表した米ドル為替レートをもとに算出。

販売期間中は、毎月第一営業日の為替レートをもとに更新される予定となる。