受験勉強やパソコン作業などで効果が期待できる「さくら色」(写真は、イメージ)

写真拡大

シャープは、癒しや目にやさしい、快眠をサポートする効果に加えて、新たに「集中しやすい」「やる気が持続する」効果があることが試験結果で得られた「さくら色LEDシーリングライト」(DL‐C614K、DL‐C514K、DL‐C414K、DL‐C314K)4機種を、2013年3月中旬に発売する。

長時間のパソコン作業にも

搭載している「さくら色」は、総合医科学研究所が実施した長時間のデスクワークを伴う作業による試験の結果、「集中しやすい」「やる気が持続する」の評価で、寒色に比べて有意差があることが確認された。受験勉強など集中が必要な学習や、長時間のパソコン作業などの場面で効果が期待できる。

また、昼間(13時から16時)の消費電力を抑えて、省エネ効果をより高めることができる「お昼間節電」機能を搭載。消費電力を約30%削減する。

さらに、寒色と暖色に「さくら色」を追加した「エコあかリズム さくらプラス」を搭載。色や明るさを1日の生活サイクル(起床/夕食/就寝)にあわせて、自動的に変化させることで、生活シーンに応じた演出を可能にした。

いずれも、オープン価格。