急な頭痛を和らげる方法

写真拡大

頭痛を引き起こす原因となっているものは、人によってさまざまです。

危険を伴うような激しい痛みでなければ、日々の生活習慣の改善などによって良くなることもあります。

とはいっても、急な頭痛に悩まされてしまうと、仕事や家事にも支障が出てしまうこともあり、何とか一時的にも症状を和らげたいもの。

そこで今回は、頭痛に悩まされたときの対処法をいくつかご紹介します。

■最近多い緊張型の頭痛パソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機などを長時間利用する人が増えている近年では、目の酷使が原因で頭痛を起こすケースが圧倒的に増えています。

姿勢の悪さや精神的なストレスから肩や首周りの筋肉がこわばってしまい、頭が圧迫されるような頭痛に悩まされることも。

この場合は目を休めてストレッチをしたり、ツボを刺激するのがオススメ。

後頭部の下、髪の生え際部分から親指1本分外側にある「天柱」が、緊張型の頭痛に良いとされています。

参考サイト・せんねんきゅうホームページ とっておきの13のツボただし血行不良や慢性的なストレスが原因だと、またすぐに頭痛に悩まされてしまうので、定期的に目を休めたり、しっかりと入浴して体を温めることが大事です。

■女性に多い片頭痛片頭痛は頭の片側に起きる頭痛で、ズキンズキンと激しい痛みや嘔吐(おうと)に悩まされることがあります。

特に女性に多く、普段の何気ない行動ひとつでも敏感に反応しやすくなり、日常生活に支障がでることも。

ストレスやホルモンバランスの乱れから頭痛が起きやすくなり、アルコールの摂取や空腹時にも症状がでやすくなります。

また片頭痛には遺伝も影響していると言われています。

参考サイト・ファイザー株式会社 スッきりんのバイバイ頭痛講座片頭痛に効果的なツボは「太陽」。

こめかみより指2本分ほど目尻寄りの部分です。

症状がひどいと薬に頼りがちですが、ラベンダーやカモミールのアロマオイルを利用してリラックス効果を高めながら、仮眠をとるのも良いでしょう。

日ごろと違う頭痛に悩まされたときは、大きな病気の予兆である可能性があります。

早めに医療機関に足を運び、適切な治療を受けましょう。