最後の”フロンティア”「ミャンマー」に行ってみた--”ヤンゴン”で熱気浴びる

写真拡大

世界は今、「ミャンマーブーム」である。

世界の要人が次々と同国を訪れている。

日本でも、今年に入ってから1月には麻生太郎財務大臣、2月には米倉弘昌会長をはじめとした経団連一団140人が訪問するなど、日本人のミャンマー詣でも勢いを増している。

だが、「ミャンマーブーム」といっても、こうした政界・経済界の要人や、商社、製造業などに関わるビジネスマンらに限った話だと思っていた。

ところが、数週間前、『タモリ倶楽部』でミャンマー特集をしているのを見た。

しかも、ゲスト出演していたミャンマー人アイドル、黒宮ニイナさんのキュートさには心が”キュン”となった。

実は、東京にも、「リトル・ヤンゴン」と呼ばれている街がある。

ヤンゴンとは、ミャンマーの旧首都(以前は「ラングーン」と呼ばれていた)で、今でも最大の都市である。

リトル・ヤンゴンがあるのは、高田馬場駅周辺。

ミャンマー料理屋、雑貨店などが集まっている。

米国のLA(ロス・エンジェルス)にある「リトル東京」のようなものだ。

筆者は早稲田大学出身。

同じ早大出身のある先輩は、「馬場を経由しないと落ち着かない」と、いまだに西武新宿線沿線に住んでいるが、特に地方出身の早大生にとって”馬場”は”飲む・打つ”を初めて教えてくれる”聖地”である。

早大出身のタモさんも、その”聖地”にある”リトルヤンゴン”に向かったのだった。

 聖地にある”リトルヤンゴン”の店々を訪れるうちに、ミャンマーに大変興味を持った。

シェール革命の時同様、ミャンマーに行きたくなった。

同国に行くには、ビザの申請が必要。

北品川の大使館に行くと、大勢の人が列をなしていたのに驚いた。

ミャンマーに行くには、昨年の秋に全日空(ANA)が成田からヤンゴンへの直行便を就航させた。

週3便飛ぶが、試しに3月11日(月)、13日(水)、15(金)をネット調べてみるといずれも「空席待ち」と出ていた。

ミャンマーに行くには、このほか、バンコク、シンガポール、香港、ソウル・仁川を経由する方法があるが、仁川経由が最も安いという話を聞いた。

筆者は、バンコク経由で行ったが、ヤンゴン行きの飛行機のなかは、予想通りというか、ほぼ日本、中国、韓国のビジネスマンで埋め尽くされていた。

ヤンゴン・ミンガラドン空港には乗り換えを含めて10時間くらいで到着する。

パスポートコントロールには、サムスン製の空気清浄機が置いてあり、早速日本のメーカーは出遅れているのだと実感させられる。

少し前までなかったという空港のマネーチェンジャーで両替。

2万円替えただけで、ぶ厚い束の札を渡される。

ミャンマーの通貨は「チャット」。

3月のヤンゴンは乾季の終わりでとにかく暑い。

町を走る自動車の多くは80〜90年代前半と思われる日本の中古車だ。

たまたま乗ったタクシーには、もちろんエアコンなど付いておらず、そもそも窓が壊れていた。

「雨季になったら直すのだろうか?」などといらぬ心配をしながら、暑く乾いた風とアジア特有の濃い臭気を顔に浴びた。

ダウンタウン(中心部)には、タクシーで、40分程度で到着する。

ダウンタウンの中心部にある20階建ての「サクラタワー」には「HITACHI」の文字が躍るが、日本企業の看板が目立つのはこれくらいで、他は「SAMSUNG」ばかりだ。

このサクラタワー周辺には、オーロラビジョンも2つほど設置してあって、意外に発展しているなという印象を持った。

ちなみに、サクラタワーの中には三菱商事やJICA(国際協力機構)などが入居しているほか、最上階はバーになっていて、外国人がたむろしている。

ちなみに賃料はニューヨークのマンハッタンよりも高いらしい。