優勝カップを手に満面の笑みのタイガー(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 最終日◇10日◇TPCブルーモンスターatドラール(7,334ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるTPCブルーモンスターatドラールで開催中の「WGC-キャデラック選手権」の最終日。3日目を終えて2位に4打差をつけ単独首位に立ったタイガー・ウッズ(米国)がリードを守りきり今シーズン2勝目、同大会7勝目を挙げた。
「特別な月曜日になった」ウッズ、逃げ切りで今季初優勝!
 トータル18アンダーからスタートしたウッズは、最終日も快調にバーディを重ね一時21アンダーまでスコアを伸ばす。しかし後半は思うようにスコアを伸ばせず、16番でこの日初めてのボギーを叩いてしまう。しかし、後続の選手たちも終盤は思うようにスコアが伸びず、結局18番もボギーとしたものの、トータル19アンダーで2位に2打差をつけシーズン2勝目を挙げた。ウッズは「ファーマーズ・インシュランスオープン」「アーノルド・パーマー招待」「WGC-ブリヂストン招待」の3大会に続いて「WGC-キャデラック選手権」でも7勝目を達成、同一大会での7勝達成を4大会に増やした。
 2打差の単独2位には最終日スコアを4つの伸ばしたスティーブ・ストリッカー(米国)が入り、さらに3打差の3位タイグループには最終日“64”をマークしたアダム・スコット(オーストラリア)やセルヒオ・ガルシア(スペイン)、フィル・ミケルソン(米国)、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)の4人が入った。
 世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は、最終日に久しぶりに“らしい”ゴルフを披露。スタートホールでイーグルを奪うとさらに5つのバーディを奪取。1イーグル5バーディノーボギーの“65”をマークし、トータル10アンダー8位タイで4日間の競技を終えている。

【最終結果】
1位:タイガー・ウッズ(-19)
2位:スティーブ・ストリッカー(-17)
3位T:アダム・スコット(-14)
3位T:セルヒオ・ガルシア(-14)
3位T:フィル・ミケルソン(-14)
3位T:グレアム・マクドウェル(-14)
7位:キーガン・ブラッドリー(-12)
8位T:ローリー・マキロイ(-10)
8位T:ジャスティン・ローズ(-10)
8位T:ピーター・ハンソン(-10)
8位T:マイケル・トンプソン(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから