情念渦巻く闘技場――MS戦とはひと味違った攻防が描かれる『機動戦士ガンダムUC episode 6 宇宙と地球と』の魅力

写真拡大

3月2日にイベント上映と劇場限定のBlu-ray&DVDが発売された『機動戦士ガンダムUC episode 6 宇宙と地球と』。

これまでの劇場動員数を更新し、尻上がりに人気が上昇している『ガンダムUC』だが、本記事ではネタバレセーフを守りつつ、今回の『ep.6』の魅力についてお伝えしたい。

まず驚いたのが、ep5の時は楽に取れた劇場初演のチケットが今回は過酷な争奪戦になったことだった。

正直、筆者も今回は危ないと予想していたが、想像以上だった。

普通、連作ものは回を重ねるごとに人気は減衰していく。

それが逆に急上昇するのだから、いかに本作が尻上がりに面白さを増していく作品であるかが分かるはずだ。

今回は、ネェル・アーガマの艦内を舞台に、フル・フロンタルがラプラスの箱を狙う真意とミネバの考えが明らかになる。

両者を軸に、バナージ・リンクス、マリーダ・クルス、スベロア・ジンネマン、アンジェロ・ザウパーといった人物の想いと行動が絡み合い、それぞれの道が定まっていく。

見どころはありすぎて困るぐらいだが、個人的には「バナージの成長と存在感」を一押しとしたい。

前回ep5にてエコーズのダグザとガランシェール隊のギルボアの想いを胸に、サイコフレームを緑に輝かせたシーンがあり、バナージは我々がかつて見た「人の心の光」をわずかではあるが再現してみせた。

ところが――フル・フロンタルは言う。

「それでも人は変わらなかった」と。

フロンタルが艦内放送で語った目的は極めてリアリスティックなもので、ある連邦兵などは「筋は通っている」と言うほどだった。

しかし、それをバナージは「おかしな何か」だと感じ、ミネバは人の革新を求める正当性を語り、フロンタルを否定してみせた。

その場面に歴代ガンダムファンは胸を熱くしたのではないだろうか。

アムロも、カミーユも、ジュドーでさえも正しく言葉にすることができなかった、人の革新を目指す意味と正しさ。

それをある人は語りすぎと言うかもしれないし、非情な現実を知る大人はむしろフロンタルの目指す世界に共感を覚えるかもしれない。

それもいい。

バナージを悩ませている問題は、「宇宙世紀を生きてきた人類が残したとてつもなく大きな重さ」なのだ。

簡単に結論が出なくて当然である。

バナージは、ミネバの語った正しさを知ってなお、それが正体不明のラプラスの箱によって実現しうることなのか確信が持てず、悩む。

そんなバナージに導きを与えるのは誰か? それは皆さんの目で確かめてほしい。

『ep.1』から丁寧に積み重ねられてきたものが、悩める心やさしきニュータイプをしっかり育んできたことを知るはずである。

背負っている巨大な重さと、それを解くための力を与えた者達の存在を知ってようやく、彼の持つ人間の本質的なやさしさとあたたかさがはっきり見えてきたのではないだろうか。

本筋からやや外れるが、アンジェロとリディのふたりは非常に面白く描かれている。

ローゼン・ズールでの怒濤の連続撃破は、いちハンマ・ハンマファンとして心躍るものがあった。

それで満足すると思いきや、生身のアンジェロはもっと荒ぶる姿を見せてくれるからたまらない。

歴代ガンダム映像作品の中で、これほど無重力空間をぬるぬるとアクロバティックにむせながら戦い、逃げていった人物は後にも先にも存在しないだろう。

もうひとりの負け組、リディは人相まで変わってやさぐれモード全開。

だがやさぐれた彼は強い。

強化人間仕様のバンシィ・ノルンの挙動に視界が霞んでいるあたり、無理な乗りこなしでありながら驚異的な反応速度で操り、敵をねじ伏せていく姿は、バウンド・ドックであるいはそうなれたかもしれないが結局なれずに散ったジェリド・メサの幻影なのかもしれない。