<ダイキンオーキッドレディス 最終日◇10日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,435ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の最終日。首位と1打差の2位タイから出た森田理香子は前半で2つスコアを伸ばし後半へ。表純子、横峯さくららがバーディラッシュで一時首位に立つが、森田は「勝負はバックナイン」と後半も落ち着いてプレー。13番でボギーを叩いた横峯に並んで終盤へ。17番でバーディを奪い横峯に1打差をつけ最終18番パー5を迎える。ここで横峯は2オンに成功。森田はセカンドショットを左に曲げ、バンカーにつかまるとライが悪く脱出に失敗。なんとか2回目で寄せてパーとするも、横峯がバーディを奪い勝負の行方はプレーオフに。
女子プロたちの秘蔵ショット満載!女子プロ写真館
 18番の繰り返しで行われたプレーオフでは森田、横峯共に3打目を手前約5メートルにつける。横峯は決めきれずパー、ねじ込みバーディを奪った森田が開幕戦を制しツアー通算3勝目を挙げた。
 2勝目を挙げた昨年の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」では優勝を決めた時は涙をこらえられなかった。しかし、「あんまり泣いてばっかだと、かっこよくないかな」と思うところがあり、バーディパットを決めたときは笑顔でパターを高く掲げた。
「落ち着いてプレーすることができました」と18番のバンカーショットを失敗したときも表情をまったく変えずにプレー。プレーオフまで終始目の前の1打に集中することができた。昨年から師匠の岡本綾子に“自信を持ちなさい。いいスイングになってきてるから”と言われ、それが「自信になっている」と笑顔で話した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
AKB山内鈴蘭のナンでもやってやろう!
噂の新企画「今日の美ゴ女」はこちらから