不動産物件キャッチコピー傑作選




不動産を販売、賃貸に出すときに、キャッチコピーを付けるのはなかなか難しいのだそうです。不動産屋さんも知恵を絞って考えるのでしょうが、中には「!?」と思うようなものも。不動産に付けられた面白いキャッチコピーを集めてみました。



■箱箱箱ハコラッシュ(東京都台東区の某物件)



部屋の中に箱型のシェアルームがあるという、ちょっと変わった物件です。



■欧風フィールドリゾート 夢・欧国 開国宣言!(大阪府豊中市の某物件)



いいんですけどね(笑)。開国宣言というのがどうもよく分かりません。



■南仏「プロヴァンスの風」が吹く!(東京都新宿区高田馬場の某物件)



えーっと……南仏じゃないので……「高田馬場の風」です(笑)。



■ブリティッシュロマンの薫る庭 2階建て・英国式庭園邸宅外 プレミアムガーデン誕生(大阪府の某物件)



海外イメージ多いんですね。



■ハッとして、梅田。グッときて、なんば。パッと目覚める、淀屋橋。(大阪府大阪市北区の某物件)



ハッとして、グッときて、パッと……ですよ(笑)。田原俊彦さんの『ハッとして! Good』からの引用でしょうか。大阪っぽく笑いを取りにいってる感じがしますね。



■銀座はボクのクローゼット。お台場はボクのビーチ。豊洲はボクのDREAM!豊洲スター化計画、始まる。(東京都江東区の某物件)



2007年(平成19年)に建築された東京の物件のキャッチコピーです。



■ワンダフル! −大型犬と住めます−(東京都世田谷区の某物件)



これストレートでいいですよね! ちょっとカワイイじゃないですか。



■超高層タワー出現です。暮らしさき、ユメがさき、あまがさき。(兵庫県尼崎市の某物件)



韻を踏んでいますが、非常にベタな感じです。



■ラフでざっくり、手を抜かず。(東京都中野区の某物件)



2,780万円の物件。ちょっとナニいってんだかよく分かりませんね(笑)。



■ちょっとだけ、やってみますか。(東京都品川区の某物件)



ナニをやってみるのでしょうか。



■僕、カレーパンマン!(京都府京都市の某物件)



家賃4万7,000円のワンルームマンションですが、なぜこのキャッチコピーなのかは不動産屋さんに聞いてみないと分からないですね。



■放つ人へ -アトリエ付住居-(東京都杉並区の物件)



放つ人へ、というのがカッコいいですね。ちなみに物件は1991年(平成3年)築の価格1億5,400万円の一戸建てです。



新築物件ができるたびに、中古物件が売りに出されるたびに、賃貸物件が「借り主」を探しに出るたびに、不動産屋さんが知恵を絞ってキャッチコピーを付けます。これからも「傑作」なキャッチコピーがたくさん出ることでしょう。



あなたは何か面白い不動産のキャッチコピーを見たことがありますか?







(高橋モータース@dcp)