復活Vを後一歩のところで掴み取れなかった横峯(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 最終日◇10日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,435ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の最終日。勝負の行方はトータル13アンダーでホールアウトした森田理香子と横峯さくらによるプレーオフに持ち込まれた。18番パー5の繰り返しで行われた1ホール目、横峯、森田共に3打目を手前3メートルにつける。ここから横峯は決めきれず、バーディを奪った森田に軍配が上がった。
女子プロたちの熱い戦いを写真で振り返る
 
 横峯は前半「ショットが良く、いいパットも決まってくれた」と5つのバーディを奪い試合を牽引する。しかし、13番パー3でティショットをバンカーにいれると3メートルのパーパットを決めきれずスコアを落としてしまう。「スキを与えてしまいましたね」とこの日唯一のボギーを悔やんだ。
 結果は2位だが、本人的には本調子でない中で「結果を残せたことは自信になります」と収穫も。昨年は悔しい未勝利に終わったが、今季は開幕戦から優勝争い。桜の季節を前に大きな花を開かせる期待を大勢のファンに抱かせた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
噂の新企画「今日の美ゴ女」はこちらから