最近物忘れがひどい…。もしや若年性アルツハイマー?


忘れ物が増えたり、よく知っているはずの単語が出てこなかったり、同じことを何度も話したり聞いたり・・・

近ごろ、なんだかおかしい?と感じたとき、もしかして、若年性アルツハイマーでは?と不安に思う人が増えているようです。







「アルツハイマー病」とは、物忘れが増える・日付や自分のいる場所がわからなくなる・感情表現など精神活動が低下するといった症状が見られる病気のこと。



一般的には65歳以上の高齢者に発症するものですが、64歳以下の人に発症するアルツハイマー病を「若年性アルツハイマー病」と呼んでいます。



アルツハイマー病・若年性アルツハイマー病ともに、発病の原因についてはっきりとは解明されておらず、さまざまな要因の重なりや、脳の異常によるなどいくつかの説があります。



その中でも一番有力とされているのが、「βアミロイド蛋白」と言われる蛋白質が脳の神経細胞に蓄積し、神経細胞が破壊され脳が萎縮することにより脳機能が低下することで起こるという説です。



また、遺伝により発症するとも考えられており、アルツハイマー病を引き起こす原因となる遺伝子も多数発見されています。



このため、親族でアルツハイマー病の人がいる場合は注意が必要です。



また、若年性アルツハイマー病は通常のアルツハイマー病より発症率は低いのですが、発症してしまうと進行が早く、気がついたときには深刻な病状になってしまっている、という場合も。



ただし、若年性アルツハイマー病は早期発見・早期治療によって進行を抑制することができるので、初期症状を見逃さないようにすることが大切です。



代表的な初期症状を挙げるので、気になったらすぐに病院を受診しましょう。



1.仕事の能率と量が低下してくる

2.夜なかなか寝付けないなどの不眠の症状がある

3.だるさや疲れを感じやすくなった

4.常に不安感があり、うつ状態になった

5.頻繁に頭痛やめまいがする

6.以前よりも自己中心的になったり、頑固になるなど性格に変化が出た



若年性アルツハイマー病の予防には、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食生活、適度な運動が有効とされているわ。



また、興味、好奇心を持ってイキイキと毎日を送ることも脳を活性化させることにつながります。



(ビューティ&ダイエット編集部)