プロノバ社長 岡島悦子さん

写真拡大

勉強会に参加したことがない人も、行ってはみたが続かなかったという人も必読! 年間300回以上勉強会に参加したことがある達人や、多くのデキる経営人材と接しているヘッドハンターが、スキル磨きから人脈づくりまで徹底指南。

岡島悦子さんは勉強会を「自分のタグを探す場」と表現する。つまり、社外に出たときの自分の強みや特徴、すなわち市場価値を知るきっかけになるのだ。

「小さなことでもかまいません。例えば、私には『人の名前をすぐに覚えられる』という特技があります。自分では当たり前と思っていましたが、周囲に驚かれて『誰にでもできることではないんだ』と気づきました。長所は、他者から認められて発見するものです」

タグがしっかりしていると質のいい人脈につながると岡島さんは言う。

「そういえば○○さんは□□が得意だった」と想起される機会が増えて、事業を立ち上げる際などに「お呼びがかかる」人材になれるのだ。

「築地朝食会」や「ひみつの学校」などユニークな勉強会の主催で知られる美崎栄一郎さんは、勉強会で築いた人脈は仕事や転職活動にも役立つと言う。

「勉強会は毎日参加するものではありません。月1回でも半年に1回でも社外の人と会い、SNSでつながることを続けていると、様々な有用情報が入ってくるようになります。勉強会にはよく手裏剣のように名刺を投げる人脈コレクターがいますが、投げるだけでは誰にも刺さりません。1回参加して2、3人とじっくり話せれば十分です。私はその積み重ねで1000人を超える人脈を築くことができました」

会社派遣の学会やセミナーなどで社名や肩書を背負って会っても誰も本音を話さない。一方、個人として出会った人が偶然にも興味ある会社で勤務していた場合は、「社内の風通しはどうなの?」と気軽に聞けるだろう。信頼関係がさらに深まっていれば、転職先を紹介してくれるかもしれない。

大手化粧品メーカーに勤務する美崎さん自身、8月末で退社することを公言している。

「コソコソと転職活動をしたくないので、辞めてから次を考えます。まったく不安はありませんよ」

退社意向を公表して以来、勉強会などで培った人脈から「うちの会社に来ないか」という引き合いが複数あったと美崎さんは明かす。

一方、人脈の質だけではなく量も重要だと主張するのが大田正文さんだ。

「世の中は1秒たりとも止まらずに変わっている。それを構成しているのは世界中に住む無数の人々でしょう。職業、年齢、国籍が違う人とどんどん会うことで、『時代がどの方向に動いているのか』を自分なりに把握できるようになります。だから人脈に『断捨離』は必要ありません。今はSNSで簡単に人脈のメンテナンスができますし、長いスパンで考えれば無駄な人脈などありません」

つながりをマーケティングに役立てる。社内で企画を通す際にも、そうした時代を読む力は生きるだろう。

----------

プロノバ社長 岡島悦子
ヘッドハンター。ハーバードMBA。三菱商事、マッキンゼーなどを経て2007年プロノバ設立。年間約100人の経営のプロ人材の紹介実績をもつ。著書に『抜擢される人の人脈力』など。

大手化粧品メーカー勤務 美崎栄一郎
1971年生まれ。大手化粧品メーカーで商品開発を担当。勉強会や交流会を多数主催し、1000人以上の社外ネットワークを構築。『成果を生む人が実行している朝9時前のルール』など、著書も多数。

超・愛妻家 大田正文
平日は大手IT企業に勤める営業マン。早朝や休日は延べ会員数2000人を超える合計5つの勉強会を主催する。Facebook「愛妻家大田正文」で検索、Twitter:aisaikamasa、google:「愛妻家」で検索。

----------

(ライター 大宮冬洋=文 小林雄一=撮影 PIXTA=写真)