元サントリー会長 佐治敬三(PANA=写真)

写真拡大

ビジネスマンに必要なユーモアとは何だろう。商談中に爆笑をしてもらう必要はないが、相手との距離を縮めたり、よい空気をつくりたい。心をくすぐる程よいスパイス加減とは。各界の先達たちの言葉からそのあり様を探った。

ビジネスマンにとって、ユーモアとは人を笑わせることではない。ビジネスマンは芸人じゃないから、ウケを狙ったり、商談中に爆笑してもらわなくともいい。しかし、だからといって、謹厳実直、四角四面の人間を目指せとも言いたくない。

私が直接会った経済人のなかで、ユーモアの価値をよく知っていると感じたのがサントリーの佐治敬三である。彼はウイスキー事業を拡大させ、ビール事業に参入し、フランスのグラン・クリュ・シャトーを買収し、サントリーをウイスキーメーカーから総合飲料企業へ脱皮させた。

駆け出しのライターだった私が「社長業は苦労が多いでしょう」と話を振ったら、「なんの、なんの」とからから笑った。

「先生(私のこと)、この商売は毎晩、べっぴんさんがいるバーやクラブへ行って、お酒を買うてえなとお手てをなでなでするだけですわ。こんな楽しい商売はありません」

洒脱という言葉がぴったりの人だった。だが部下たちから聞くと、怒ると獅子のように吠えたらしい。役員会の最中に、つまらない発言でもしようものなら、「おまえ、廊下で立っとれ」と一喝する。怒られた役員は「はいっ」と返事して、会議が終わるまで、役員室の外で立たされたそうだ。

そんな彼の社長時代、サントリーウイスキーの市場占有率が80%を超えていて、国会に参考人として呼ばれたことがある。「マーケット支配率が高すぎる。会社を分割する気持ちはあるのか」と問われた佐治は「会社を分ける前にまず、私の身体を真っ二つにしてほしい」と見えを切った。議員たちは堂々とした佐治の態度に返す言葉がなかった。だが、瞠目すべきはその後の話である。国会から帰る車のなかで、佐治はボヤいた。

「なんで、80%があかんのや」

同乗していた秘書が「ははっ」と頭を下げる。

「あのな、うちはちょっと前まで100%のシェアだったんや。それが80に落ちて、わしは毎日、嘆いとる。あいつらにはその気持ちがわからんのか」

佐治は冗談のつもりで言ったわけではない。彼は常勝将軍でいたかった。サントリーが初めて国産ウイスキーを売り出した時代のように、市場をすべて自社の製品で埋め尽くしたかったのだろう。

ビジネスマンの場合のユーモアとは、佐治の例でわかるように、ひたむきな考え、行動がまわりをふと微笑ませるというのが理想的ではないか。パーティジョークで他人を笑わせようと思うより、自分がこれだと思うことに情熱を傾け、エネルギーを注ぎ込むことだ。そのほうがまわりは好意的に見てくれるに違いない。

日本電産の永守重信もまた傍から見てるとあぜんとするようなこだわりを持ちながら仕事にまい進している。日本経済新聞の記者が永守に「どうしていつも緑色のネクタイをしているのか」と聞いたところ、次のように答えた。

「きょう現在で、1328本の緑のネクタイを持っています。ここまで32年かかりました。2000本が目標で、自宅に1から2000まで番号を振った収納棚をつくってあります」

「私は暦の九星でいうと『二黒土星』にあたり、これは土なんです。土には緑が欠かせないので、緑のネクタイをしています」

「そして、緑には太陽が必要なので、いつも太陽の方角を向いて座ります。今は社長なので、どこに座ってもいいですが、若いサラリーマン時代には、南か東向きにしか座らないので、上司ともめましたよ」

太陽の方角を向いて座るとは、まるで、ひまわりのような経営者である。ユーモアというか、お茶目ではないか。休みは元日の午前中だけ、あとは24時間働いているという永守ならではのエピソードである。

(ノンフィクション作家 野地秩嘉=文 芳地博之=撮影 PANA=写真)